「ワニ」の前足を恐る恐る食べてみた

写真拡大

ゴワゴワにひび割れた皮をまとい、ガバリと大きく裂けた口には鋭い歯を連ねるワニ。

その姿から、抱かれるイメージはまず”恐怖”だろう。

デパートに陳列されたワニ革のバッグならばともかく、生きているワニに出会いたいとはまず思えない。

そんなワニでも、肉は淡白な味わいでなかなかおいしいという。

実際にオーストラリアではワニが広く養殖され、食素材として流通している。

現在ではオーストラリア産ワニ肉が日本国内でも購入可能で、ワニの尾のフィレ肉は1kg4,000円、手羽肉は1個200gのものが500円で手に入れられる。

ネットで「手羽肉」(実際は前足肉)を2個購入し、さっそく試食してみることにした。

注文から数日後、冷凍ワニ手羽が届く。

「Crocodile」の表示と共にワニのリアルなイラストが描かれたパッケージから取り出した身は、一見したところ鶏のモモ肉と変わらない。

しかしゴツゴツした皮が「手袋」のように残された手の部分と鋭い爪に、素材の正体をうかがえる。

さっそく調理にとりかかる。

まずは鶏肉の煮付けの要領で、茹で玉子と一緒に醤油味で1時間かけて煮しめてみる。

これが本当においしい。

歯ごたえも味わいも鶏肉そのまま。

煮込まれた軟骨は奥歯に快い感触を残して噛み砕かれる。

そして煮汁に一滴の脂も浮かないほど淡白な肉ながら、噛むほどにしっかりとした旨味がにじむ。

まさに鶏肉といった味わいだが、骨太な骨格と先端の爪でようやくワニと気が付くところ。

もう一本の肉は、塩水、ニンニク醤油、生姜、香草を混合したタレに数日間漬け込んだうえ、200℃に熱したオーブンで十数分かけて焼き上げた「ロースト・クロコダイル」。

これもやはり鶏肉そのままの味わい。

塩水をしみ込ませた肉は火が通ればプリプリと歯に響き、飲み込めば風味付けのローズマリーが喉の奥で香る。

さらに特筆すべきは手の部分だ。

厚いワニ皮をはぎ取れば、閉じ込められていた肉汁がトロトロと流れ出す。

透明な汁にはゼラチン質の旨味がたっぷり含まれ、実に味わい深い。

鶏肉に似て、鶏肉以上においしい特性をいかせば、ワニ肉のレシピは無限に広がるだろう。