世界的な経済誌「フォーブス」が、オリンピックに関する興味深いデータを紹介していたのでお伝えしたい。現在開催中のロンドンオリンピック2012において、メダル獲得数で1位の座についているのはアメリカだ(2012年8月10日現在)。次いで中国、イギリスという順位になっているのだが、これを総人口やGDP(国民総生産)と照らし合わせてみると、ユニークな結果が出てくるのである。

総人口で獲得メダルを割ると、1位に輝くのはグレナダ。GDPで割っても同じくグレナダだ。国としての力は弱くてもメダルを獲得できるのは、やはりハングリー精神によるものなのだろうか?
 
グレナダはカリブ海に浮かぶ立憲君主制国家、イギリス連邦加盟国である。人口わずか11万人でありながら、先ごろ行われた陸上男子400メートルでキラニ・ジェームズ選手が金メダルを獲得した。GDPは626億円と経済力があるとは言いがたい。当然選手の育成にさけるお金も、そう多くはないはず。ジェームズ選手のメダルは、グレナダ史上初のメダル獲得だ。その功績を称え同国では半日休日になったそうだ。

人口と照らし合わせてみると、以下の国々が上位に名を連ねている。
 
■人口と獲得メダル数の割合(カッコ内は人口)
1位 グレナダ メダル1個(11万人)
2位 ジャマイカ メダル9個(270万人)
3位 ニュージーランド メダル11個(440万人)
4位 スロベニア メダル4個(200万人)
5位 デンマーク メダル9個(560万人)
6位 エストニア メダル2個(130万人)
7位 ハンガリー メダル15個(990万人)
8位 オーストラリア メダル30個(2290万人)
9位 キプロス メダル1個(84万人)
10位 カタール メダル2個(170万人)
 
ちなみに主要国の順位は以下の通りだ。
 
日本 45位 メダル33個(1億2770万人)
アメリカ 40位 メダル90個(3億1340万人)
中国 65位 メダル80個(13億4735万人)
イギリス 16位 メダル54個(6230万人)
ロシア 36位 メダル56個(1億4300万人)
韓国 29位 メダル25個(4860万人)
 
ちなみに総人口に対する金メダルの割合は、日本は40カ国中36位となっている。競技とはまた違った角度で、各国をみる良い指標になるのではないだろうか。なお、このデータを公開している「MEDALS PER CAPITA」には、近代オリンピック第一回からの記録がすべて紹介されている。興味のある方は過去からのデータをご覧になると良いだろう。

参照元:Forbes,MEDALS PER CAPITA(英語)


画像をもっと見る