『ゆるゆり♪♪』×『織田信奈の野望』の対決に竹達彩奈が参戦! 「ゆるゆり♪♪×織田信奈の野望 真夏のきゃにめ準備祭 with あやち」

写真拡大

2012年7月より放送開始となったTVアニメ『ゆるゆり♪♪』と『織田信奈の野望』。

そのニコ生コラボとなる「きゃにめ夏祭り2012 presents ゆるゆり♪♪×織田信奈の野望 真夏のきゃにめ準備祭 with あやち」が7月26日に配信された。

7月1日に配信された「放送まで待てないスペシャル特番」に続く今回のコラボは、ポニーキャニオンの通販サイト「きゃにめ.jp」が8月11日、12日に開催する「きゃにめ夏祭り2012」に向けたもので、今回は『ゆるゆり♪♪』から歳納京子役の大坪由佳、『織田信奈の野望』から松平元康役の三森すずこが参戦。

そこへ、9月12日に2ndシングル「♪の国のアリス」のリリースを控える”あやち”こと竹達彩奈が加わり、「きゃにめ夏祭り2012」で販売される各種グッズを紹介しつつ、それぞれの作品宣伝をかけて、三つ巴での勝負が繰り広げられた。

前回に引き続いて3本勝負で行われた今回の対決。

1本取ると10秒、さらに各勝負において、視聴者投票で支持されたMIP(Most Impressive Player)に5秒の宣伝時間が与えられる。

というわけでスタートした最初の勝負は、「鎖国じゃ! 鎖国じゃ〜! 英語禁止対決〜!」。

これは、英語・外来語の使用禁止という条件の下、インタビュー形式で自分の作品を紹介するというものだが、「\アッカリーン/」すらも外来語認定されるという厳しいジャッジもあって、なぜか日本語さえも危うくなる始末……。

「結局皆何が言いたいのかわからない…」(ゆるゆり公式)という勝負の結果は、三森が勝利を収め、「♪の国のアリス」というタイトルさえも口にできずに大苦戦した竹達がMIPに選ばれた。

続く2本目は「♪の国のアイス対決〜!」ということで、こちらは目隠しして食べたアイスクリームの味を当てるという、いわゆる「利きアイス」対決。

三森、大坪の2人が難なくクリアするという流れに、難易度アップのため、竹達には2つの味をミックスしての出題となったが、それでもきっちりと正解を出した竹達。

勝負の結果は3者引き分けとなり、MIPの視聴者投票によって、1位の竹達に10秒、2位の大坪に5秒の宣伝時間が与えられた。

そして、運命の3本目は「指でゆりゆりしちゃうんだからね!! 指ツイスター対決〜!」。

指でツイスターというあまりにも絵的に地味な対決のため、スタッフ間でその盛り上がりが不安視された対決だったが、実際に勝負が始まってみると、サイコロの偶然も重なって、絡みあう指のミラクルに、スタジオ内も画面のコメントも予想以上の大盛り上がり。

今後、定番化しそうな勢いを見せた本対決では、三森が10秒、大坪が5秒の宣伝タイムをゲットした。

結局、3本勝負の結果、それぞれの宣伝時間は、竹達が15秒、三森が20秒、そして大坪が10秒。

時間が足りず、宣伝しきれなかった竹達と三森に対して、竹達には「にゃんにゃんキャラ」、三森には「巨乳の大人のお姉さんキャラ(+”ですわ”と”ボインボイン”を混ぜる)」でお願いすれば宣伝し直せるという、なぜか罰ゲームのような条件が出され、渋々ながらも演じきる2人。

一方、10秒の宣伝時間を余らせ、公式さんから厳しい言葉を掛けられた大坪は、「病弱で大人しい妹キャラ」で再チャレンジとなったが、こちらはいつもながらのノリノリな小芝居……。

ポニーキャニオンの通販サイト「きゃにめ.jp」主催に「きゃにめ夏祭り2012」は、8月11日(土)、12日(日)の2日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原2F イベントホールにて開催。