働く女性のためのSNS「ことろう」

写真拡大

リクルートが2012年8月7日、新しいSNSを始めたようだ。名前は「cotoro(ことろう)」。働く女性をターゲットとし、就業中や求職中に仕事に関するつぶやきを投稿し、自分と近い立場にいる他の女性と共有できる。

サービス名の由来は、仕事の「こと」を語「ろう」というコンセプトから。ツイッターやフェイスブックでは、知人の目が気になってホンネを書き込みにくくなっている。お客さんや上司、同僚など職場のグチや喜びを思い切り吐き出し、同じ境遇にある人たちと共有するサービスは、意外と伸びるのかもしれない。

「同じ仕事をしているメル友がほしい」人に

ことろうには、ケータイ電話かスマートフォンからアクセスでき、アプリ紹介には「似た仕事・バイト女子の出会いSNS」とある。出会いというと若い男女が思い浮かぶが、同じ業界の同性と出会いたいというニーズも確かにありそうだ。

サービス提供側としては、「同じ業界で働く人と女子会を開きたい」「同じ仕事をしているメル友がほしい」という人に使ってほしいという。仕事探しに悩む人たちの情報交換の場になることも期待している。

登録できる職種は、カフェ、居酒屋、ビューティ、コンビニ、アパレル、キャバクラ、レジャー、医療系など。オフィスワーク系もあった。同じ職種の人と知り合えれば、職場では聞けない相談もできる。「教えてQ&A」のコーナーもある。

投稿するつぶやきは、「シゴト日記」「シゴト探し」「アゲ↑↑」「凹↓↓」「恋バナ」「ゴハン」などのカテゴリーを選べる。投稿に共感した場合には「拍手」、応援には「ドンマイ」ボタンを押すことができ、コメントも入れられる。

ツイッターのように特定の人の発言をフォローすることができ、誰をフォローするか決める際に職種などの属性でソートをかけることができる。みんなの投稿コーナーでは、「お題」に関する投稿を募集中だ。「仕事を辞めようと思ったのはどんな時?」という質問には、

「使い捨てにされてる感を感じたとき」(40代事務スタッフ)
「体調が悪い時、上司に『ずっと来なくていい』と言われた時」(30代介護職)

といったリアルな投稿がみられた。

「今のところマネタイズは考えていない」

その他、利用者からの書き込みには、

「仕事が辛くても人間関係がいいと頑張れる」
「今日は優しーい上司に初めて怒られた。泣きたいほど悲しく悔しかった」
「ドリアめっちゃおいしー!」

といった女性らしい書き込みもあった。メッセージは、ことろう会員しか見ることができないが、有名人がお忍びで来店したことなどが書き込まれると、問題になるだろう。

リクルートとしては、このサービスを「働いている人が語り合う場を作りたい」という趣旨で開設しているので、ビジネスモデルは特になく、「今のところマネタイズ(事業化)は考えていない」ということだ。

女性向けとはいえ、性別を「男性」で登録することもできる。メインターゲットは女性ではあるが、働く男性の利用を制限しているわけではないという。