富士急、絶叫イルミネーションを「高飛車」「FUJIYAMA」に

写真拡大

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)はこのほど、夏の夜を涼しく演出する絶叫イルミネーションとして「高飛車イルミネーション」を初点灯した。

昨夏オープンした最新の絶叫コースター「高飛車」に乗りながら、イルミネーションを楽しむというもの。

ライドに乗りながら高速で”青い光の海”を駆け抜けるので、体感的にも視覚的にも清涼感を味わえるという。

イルミネーションは高飛車の特徴である2つの加速ポイントに設置され、ギネス世界記録121度の落下ポイントでは白い光と青い光が渦のようにぐるぐる回る演出を、リニアランチ方式のトンネルでは時速100kmの高速走行の直後に訪れる”突然の青い輝き”を絶叫しながら楽しめるとのこと。

なお、全長2,045mの大型絶叫コースター「FUJIYAMA」もナイトバージョンの営業をスタート。

巻き上げからファーストドロップ後の大カーブまで、全長500mに及ぶ七色のイルミネーションを設置。

乗車しながら見ると”光を追いかけ、光に追いかけられる”感覚を味わうことができ、下から見上げると走行の軌跡を光でたどりながら見ることができるという。

高飛車イルミネーションは、9月23日まで日没〜最長21時まで営業。

FUJIYAMAのナイトバージョンは日没〜22時まで。

利用料金は1,000円(フリーパス、ナイトフリーパス使用可)。



続きを読む