ジェフリー・キャンベル 日本初のショップがラフォーレに

写真拡大

 シューズブランド「Jeffrey Campbell(ジェフリー・キャンベル)」が、日本初のコンセプトショップをラフォーレ原宿の1階に期間限定でオープンする。新しく展開をスタートするスニーカーラインをはじめ、2012年秋冬シーズンの新作を先行販売。100型以上のシューズを揃える。オープンは9月25日から10月8日まで。 ジェフェリー・キャンベル初のコンセプトショップの画像を拡大

 「Jeffrey Campbell」は、スペインで2000年にスタートしたシューズブランド。創立当初より品質管理の観点から限定生産にこだわって運営され、ロサンゼルスに拠点を移した現在でも革新的なデザインと高い品質を追求したシューズを発表し続けている。ヴィンテージテイストをベースにストリートカルチャーと華かさをミックスしたデザインを特徴としており、キャメロン・ディアス、リーンジー・ローハン、二コール・リッチーなどのファッションリーダーやセレブたちが愛用。国内でも1万円代からという価格の手頃さも加わり、渋谷や原宿の若い女性をはじめ幅広い層から、高い支持を得ている。 1階のエントランススペースにオープンするコンセプトショップは、これまで国内では百貨店やセレクトショップのみで展開されてきた「Jeffrey Campbell」にとって国内初のショップ。店内はブランドの世界観をベースにつくられる予定。店内には2012年秋冬シーズンの新作として、スタッズの付いたかかとのないブーティー「SHADOW STUD」や、フラットシューズ「LAWFORD」の他、スニーカーラインのアイテムとしてスタッズのついた「TERANO」などが並ぶ。■Jeffrey Campbell コンセプトショップ期間:9月25日〜10月8日 場所:ラフォーレ原宿1F entrance space