会津若松のソウルフード、「カレー焼きそば」は青春の味!?

写真拡大

福島県会津若松では、「カレー焼きそば」のことを「B級グルメ」とはカテゴライズしない。

ではどのように位置づけるのかというと、カレー焼きそばは「ソウルフード」、つまり「故郷の味」なのだという。

「カレー」と「焼きそば」の見事なコラボレーション、会津のカレー焼きそばは会津市民にとって青春の味であるとともに、「会津っぽ(会津魂)」を象徴する、ソウルフードとして定着した。

カレーと焼きそば。

日本人の老若男女のほとんどが好きなB級グルメの両雄をコラボレーションさせることは、どうして会津若松以外の人たちは気づかなかったのだろうかと不思議になるほど、会津のカレー焼きそばとの出合いは、鮮烈な印象を与えるものであった。

現在15店舗が加盟する「会津カレー焼きそばの会」の事務局がある、一七市町村物産市場「会津ブランド館」の一階にあるカフェを訪ね、運営責任者でテクニカルスタッフの代表取締役社長・佐藤正彦氏に会津カレー焼きそばを発想するに至った裏話を聞いてみることにした。

その前にまず試食。

トッピングを組み合わせたメニューは10種類近くになるが、まずは原点でもあるトッピングなしのカレー焼きそば(500円)をオーダーしてみた。

太麺に会津産の野菜と、同じく会津特産のエゴマ油で炒め、ソースで味付けした焼きそばに中辛のカレーを上からかけている。

もちろん、カレーの中にも会津産の人参が顔をのぞかせている。

「いかがですか? カレー味の焼きそばではなく、焼きそばにそのままカレーをかけるというスタイル、おもしろいでしょう?」と佐藤氏。

「本当にどうして全国の他の地域では考え付かなかったのか不思議でなりませんね。

でも、なんでこの組み合わせを思いついたんですか?」との私の質問に、佐藤氏は軽く笑いを浮かべ、「ひょうたんからコマみたいな話なんですよ」と返してきた。

カレー焼きそばの誕生は今から40年も前のこと。

部活で腹をすかせ、家まではどうしても持ちそうにないと、発車までの時間、焼きそばを頼んだ高校生の一団が「発車時刻が迫ってるから、焼きそばとカレーと一緒に出して」と店の経営者に注文。

出てきた焼きそばの上からカレーをかけたところ、これがなんと初めて食べる味ながらビックリするほどおいしい!! 高校生の一団はみんなで皿を回しながら、「おいしい、おいしい」とがっついた。

この話を翌日学校中に触れて歩いたところ、あっという間にみんながまねして人気メニューになったという。

取材の途中、女子高校生のグループに話を聞いてみた。

すると、カレー焼きそばを出す店は15店あるのだが、各店それぞれレシピは違うしトッピングも違うので、ひいきの店はみんな違うということが分かった。

そして驚くべき事実も判明した。

現在、カレー焼きそばの主なファンは高校生ではなく、40年前にこれをヒットさせ、今はもういい歳のオヤジたちとなった連中なんだとか。

酒飲みが〆にカレー焼きそばを食べるというのだ。

オヤジたちだけではない。

店を閉めた後のママさんやホステスさんたちも、お客と一緒にお酒の〆に食べているという。

「寝る前に食べると太るっていうけど、でもカレーは脂肪を燃焼させてくれるっていうし、気にしないで食べてるわ」と話す人も。

カレー焼きそばの元祖「トミーフード」が店を構えるのは「野口英世青春広場」。

そして、カレー焼きそばは会津の青春の味。

読者の皆様、まずは一度、その味をご自分の舌でお試しあれ。



続きを読む