岩本沙弓の”裏読み”世界診断 (17) 国会で持論を訴えてきました(前編) - 日本国債デフォルトは「あり得ません」

写真拡大

7月26日のことになりますが、参議院の「社会保障と税の一体改革に関する特別委員会」に参考人として招致されました。

今回と次回、その際にお話しした内容を掲載したいと思います。

と言うのも、今回の参議院での発言は予てから私自身が執筆活動を通じて訴えてきたことでもあり、こちらの連載を読んで下さる皆様にも、持論をお伝えできればと思った次第です。

実際に話をしている内容は、参議院のサイト(http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php)で7月26日に入っていただいて、『社会保障と税の一体改革に関する特別委員会』の発言者一覧のボタンをクリックしますと岩本沙弓が出て参ります。

よろしければご覧下さい。

委員会での時間は15分と決められていましたので、実際の発言は今回ここでご紹介するオリジナル原稿よりも短めのバージョンとなっています。

詳しい説明を時間の都合で省いた部分については( )内に注釈として、つけておきました。

大阪経済大学 経営学部で現在客員教授をしております岩本沙弓と申します。

現職の前はアメリカ、カナダ、オーストラリア、日本の金融機関において、国際金融取引に16年間ほど従事して参りました。

為替取引の他、先物為替取引、短期金融市場取引、通貨オプション取引、日本国債先物取引などの経験がございます。

そういった経緯を踏まえまして、本日は国際金融の現場からの切り口として、日本の国債がデフォルトする可能性があるのか、そして財政危機とされる数値が正確なのか、という点についてお話をさせていただければと思います。

本年5月、新聞紙上、あるいはテレビなどで、一斉に「国の借金は昨年度末960兆円、今年度末に1000兆円突破へ」というニュースが伝わったのは記憶に新しいこと思います。

960兆円に関しましては、資料(1)の2012年5月10日に財務省から発表されました平成24年3月末時点での「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」の報道発表を受けてのことでございます。

合計金額の欄に960兆円が確認できます。

資料(1) http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/gbb/2403.html1千兆円を突破する見込みという点につきましては、資料(2)の「平成24年度末(見込)の国債・借入残高の種類別内訳」で示された合計1086兆円の見込みを指しているものと思われます。

資料(2) http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/appendix/23zandaka02.pdf以来、国の借金の論拠とされています1000兆円ですが、ここで線引きをさせていただければと思います。

メディアなどでは「国の借金」と報道されますが、「国」と言いますと政府も国民も民間企業も日本の全ての経済主体を含んだ表現になってしまいます。

財務省自身も「国の借金」とは発表しておりません。

それは、この数字が「政府の借金」であって国全体の借金を示しているものではないからです。

まず、日本国債のデフォルトの可能性ですが、先に結論を申し上げますと、それは「あり得ない」という認識でございます。

既に広く知られている通り、日本政府の借金は日本国民によって賄われています。

最新のデータではその比率は92%です。

自国内で借金の貸し借りが成立している限りは、政府が自国民から借金をしているだけなので、国家全体が負担を背負うことにはならない、という考え方をいたします。

言うなれば、家庭内でお金の貸し借りをしているだけなので、さほど深刻な状況ではない、という見方です。

しかし、もし、政府の借金が海外からの借り入れだとするならば、状況は180度違ってまいります。

この場合は国民が働いて、海外に対して借金を返済しなければなりませんので、国民の負担となります。