シンプルかつ耐久性を重視した、ハイブリッド電動アシスト自転車発売

写真拡大

自転車専門店を展開するあさひは、自社企画において初となるハイブリッド電動アシスト自転車「enersys(エナシス)」シリーズの第1弾「enersys Airpur(エナシスエルピュール)」を開発。

8月11日から全国の「サイクルベースあさひ」で販売を開始する。

価格は79,800円。

同製品は、通勤・通学・買い物・サイクリングなど日常のさまざまなシーンで”より身近”に”より快適”に同製品を体感してもらいたいという思いから、「シンプル」かつ「耐久性」を重視した同社独自の仕様で開発している。

メインとなるモーター電動ユニットは、カメラ用シャッターの世界NO.1メーカーで精密小型モーターでも高い実績を有する日本電産コパルとの共同開発で、高出力・高耐久を実現。

パワフルでスムーズなアシスト走行を可能にしたという。

また、モーターは前輪軸に搭載。

ペダルをこいで後輪を駆動させる”人の力”と、モーターの回転で前輪を駆動させる”電気の力”の両輪駆動型で、バッテリー部分は、長寿命の「NEC製高性能ラミネート型リチウムイオン電池」を採用している。

走行時のアシストモードは「強」「標準」の2つ。

ハンドル左側に配置されたスイッチパネルで、走行時もバッテリー残量の確認ができるとのこと。

本体カラーはレッド、ホワイト、ブラウン、ブラックの4種類。