沖縄の気候風土に対応した商品を提案。「LIXILショールーム沖縄」オープン

写真拡大

LIXILは“いい住まい、いい暮らし”を体験し、実現していく情報発信拠点として「LIXILショールーム沖縄」を8月11日に新設オープンする。

LIXIL初となる、建物の自然換気の仕組みなどを導入した最新の環境配慮型ショールームとなる。

同ショールーム沖縄は住設メーカーとして沖縄県内最大級の展示スペースを持ち、県内全てのエリアからのアクセスが可能な本島中南部に出店する。

LIXILグループの住まいに関する豊富な商品(システムキッチン、バスルーム、トイレといった水まわり商品や、タイル、インテリア建材、窓、玄関、門扉、フェンスなど)が一堂にそろったショールームとなる。

ショールームは県特有の暑い気候の中でも、電力消費を抑えながら建物内の温熱環境を調整できる同社初の自然換気の仕組みを導入した最新の環境配慮型ショールーム。

照明のLED化はもちろん、室内温度・湿度を計測し、快適さを保ちながら自動的に最適な省エネ運転を行う空調システムや、建物屋上に設置した太陽光パネルで館内の電力を補うなど、建物全体が環境配慮型の設計となっている。

沖縄特有の家の暑さ対策や、飛行機などの騒音対策に効果的な内窓「インプラス」、高温多湿な気候風土に最適なカビの発生を抑える調湿効果を持つ健康建材「エコカラット」など、地域性にあわせて商品を提案。

また、豊富な商品を組み合わせてコーディネートした住居空間を展示し、実際に住んでいるような感覚で商品を見学することができる。

さらにインテリアショップ「THE GRACE(ザ グレース)」とのコラボ展示も試み、家具、インテリア雑貨をLIXIL商品と合わせて展示することで、さらに上質で具体的な生活シーンがイメージできるよう工夫している。

館内のベース照明・スポット照明を全てLED化。

照明色変換能力のある器具も設置しているため、電球から蛍光灯・太陽光に至るまで照明の色温度を変化させることができる。

これにより、実際の住まいに近い色温度環境下で商品を確認することができる。

同ショールームでは地域の人がイベントなどで利用できる「ゆんたく広場」を設置するなど、地域に根ざした地元の人々に愛されるショールームを目指すという。

また、電気自動車や電動自転車へ充電ができる同社商品の「EVポール」を外部カーポートに併設。

電気自動車や電動自転車で来場した人には無償充電サービスを行う。

オープニングフェアとして、8月11日〜8月12日に来場した各日先着100組に 「シフォンケーキ」をプレゼントする。

また来館キャンペーンとして、8月13日〜8月26日に来館した人に「LIXIL オリジナル木製鍋敷」をもれなくプレゼントする。

「LIXILショールーム沖縄」は、沖縄県宜野湾市字大謝名237‐5 営業時間は10時〜17時。

休館日は毎週水曜日(祝祭日の場合は営業)、夏期、年末年始。