今年の就職活動を表す漢字は「苦」――就職情報サービスのマイナビが、2013年卒業予定の学生を対象とした調査から、「あなたの就職活動を漢字1文字で表すと?」の結果を発表した。

調査は、2001年卒業予定者対象(2000年)から毎年実施しており、今回の調査では「苦」が調査開始以来最高の得票率(7.4%)を獲得し、2年ぶりの1位となった。

同社は、「厳選採用が継続していることや、活動短期化によるスケジュールの集中、学業との両立など、学生の苦悩は思いのほか大きかった」と分析している。特に文系女子の得票率(9.6%)が高く、就職活動に苦労した様子がうかがえる。

一方で、「知」(6位)、「学」(7位)など、就職活動を通じての成長を示すような漢字もランクインした。

10位までの結果は次の通り。1位「苦」、2位「楽」、3位「迷」、4位「縁」「耐」、6位「知」、7位「学」、8位「疲」、9位「動」、10位「運」

調査は、7月27日〜31日に実施し、2013年卒業予定の全国の大学4年生・大学院2年生1091人から回答を得た。

就活生の4割 6月までに就活終了
初めて知った就活用語「リクルーター」「お祈りメール」
ローランド・ベルガー キャリアアップセミナー

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。