社会人の約7割が資格保有者。こんな資格持っています! 目指しています! 

写真拡大

学生時代、就活に備えていろいろな資格を取得した人もいると思います。でも、就職したらそれで終わりというわけではなく、社会人になっても、さらなるステップアップのために、資格取得を目指してがんばっている人は、たくさんいるようです。そういう人たちは、どんな目的で、どんな資格を取ろうとしているのでしょうか。若手社会人300人に聞いてみました。

【あなたは、いくつ資格を持っていますか?(自動車運転免許証を除く)】
・なし......32.7%
・1つ......18.0%
・2つ......18.7%
・3つ......11.0%
・4つ......5.7%
・5つ以上......14.0%

7割近くの人が何らかの資格を持っているという結果に。しかも、その半分以上は複数の資格を持っており、中には5つ以上持っているという人もいました。人数が多かった資格は、英検、漢検、TOEICなど。これらは、社会人になる前に受験や就活のために取得した人も多そうですね。業務に直接結びつきそうな資格では、簿記、秘書検定など。そのほか、初級システムアドミニストレータ、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などのコンピューターや情報処理関係の資格の名前も挙がりました。

【現在、取得を目指して勉強している資格があれば、その資格名を教えてください。】
半数近くの人が、何かの資格取得に向けて勉強中と答えています。中でも一番人気はTOEIC。グローバル化が進む昨今、やはり入社後にあらためて英語の必要性を感じるケースは多いのでしょうか。簿記やファイナンシャルプランナー、情報処理などコンピューター関係も、勉強している人が多い資格です。そのほか、かなり幅広い資格の名前が出てきていて、それぞれの業務に即して、資格の取得を目指している様子がうかがえました。

【これから取ってみたい資格と、その理由を教えてください】
・危険物取扱乙種......「仕事の幅が広がるから」(男性/社会人4年目/自動車関連業界)
・秘書検定......「接客業に活かせそうだから」(女性/社会人2年目/小売店)
・ファイナンシャル技能検定......「個人の資産形成のためにも非常に役に立ちそうだから」(女性/社会人6年目/機械・精密機器業界)
・フードコーディネーター......「食べ物に関する知識をつけると、家庭でも役立ちそう」(女性/社会人5年目/小売店)
・飛行機の免許......「空を思うように飛んでみたい」(男性/社会人1年目/商社・卸)
・整体師の資格......「腰痛がひどく、自分でどうにかしたいから」(女性/社会人 5年目/商社・卸)

今は実際に勉強をしているわけではないけれど、今後挑戦してみたい資格の名前を挙げた人は、全体の約7割。具体的には決まっていないけれど、「考え中」、「余裕ができたら考えたい」の人も含めると、とても多くの人が「いずれは何かの資格を取りたい」と考えているようです。名前が挙がった資格は、実際に勉強中の資格と比べると、今の自分の仕事とは直接関係ないジャンルのものもたくさんありました。趣味や自分の興味から、資格取得を目指す人も結構いるんですね。

毎日の仕事をこなしながら、資格のための勉強をするのは大変なこと。でも、スキルアップするため、あるいはプライベートを充実させるために、資格を目指して勉強することは、自分の可能性を広げてくれるきっかけとなるのかもしれません。あなたは、どんな資格を取ってみたいですか?
文●永井祐子(エフスタイル)

調査期間:2012/6/20〜2012/6/21/アンケート対象:マイナビニュース会員/有効回答数:300人(ウェブログイン式)