榮倉奈々さん出演のCM第4弾、”代理店対応力で選ぶなら、日本興亜”オンエア

写真拡大

日本興亜損害保険は7日より、日本興亜損保CMキャラクターの榮倉奈々さんが登場する自動車保険テレビCM「代理店対応力で選ぶなら、日本興亜」篇を全国でオンエアしている。

今回のCMは「日本興亜の代理店」の安心感を、榮倉さん演じる一人の女性の成長する姿を通して表現した「心温まるCM」(日本興亜損保)。

同社が代理店とともに顧客にとって何がベストかを考え、事故の際も代理店と一体となって、顧客の不安や疑問を一つずつ丁寧に解消し、迅速な解決を目指してきた結果、価格.comの「2012年自動車保険満足度ランキング」の事故対応部門で1位の評価を受けたことが背景となっているという。

新テレビCMである「代理店対応力で選ぶなら、日本興亜」篇は、榮倉さん演じる一人の女性の幼少期からの成長が描かれている。

高く感じた肩車。

乗れなかった自転車の練習。

受験会場へ向かう緊張の車中。

成長の節目で支えてくれていたのは、いつも両親の「大丈夫」という言葉。

そして、大人になって迎えた自動車の運転。

事故時の対応などで心細さを感じたとき、「大丈夫!」の言葉で支えてくれたのは日本興亜の代理店。

「いつもそばで見守ってくれている、そんな両親と重なる日本興亜の代理店の安心感をエモーショナルなトーンで描いている」(日本興亜損保)。

ラストは両親をマイカーの後ろに乗せる榮倉さん。

そのとき初めて「大丈夫」と両親に言うことで一人の女性が独り立ちしていったことを感じさせる、心温まるストーリーになっているという。

CM撮影は7月上旬の梅雨のシーズンで、幼少期の撮影は屋外で行われた。

撮影当日はときどき雨が降るあいにくの天候で、結局別日に再度撮影をチャレンジすることに。

しかし、粘った甲斐もあり狙い通りの映像を撮ることができたという。

榮倉さんの撮影は主にスタジオで行われ、CMで榮倉さんの手に乗っている「エコラッタ」(日本興亜のエコキャラクター)を除いてはCGを活用することなくすべて実写で撮影され、細部にまでこだわった映像に仕上がっているという。

「代理店対応力で選ぶなら、日本興亜」篇およびメイキング映像は同社のホームページでも8月7日から見ることができる。

60秒の特別バージョンCMも掲載予定。