スズキ、ミニバンタイプの小型乗用車「ランディ」の一部仕様を変更して発売

写真拡大

スズキは9日、ミニバンタイプ(3列シート8人乗り)の小型乗用車「ランディ」の一部機種に「スマートシンプルハイブリッド」(S-HYBRID)を搭載するなど、一部仕様を変更して発売した。

価格は222万750円から294万3,150円。

今回の一部仕様変更では、アイドリングストップシステムを搭載する「2.0G」と「2.0Sセットオプション装着車」の2WD車に、バッテリーへ蓄えた電力をエンジンの補助駆動力として利用するシステム「スマートシンプルハイブリッド」を搭載。

これにより、JC08モード走行で15.2km/Lという低燃費を実現し、「環境対応車普及促進税制」(エコカー減税)に適合したことで自動車取得税と自動車重量税が免税となる。

また、アイドリングストップシステム搭載の4WD車は、転がり抵抗を低減したタイヤの採用等により、JC08モード走行で13.6km/Lの低燃費を達成。

エコカー減税の減税率75%に適合している。

全グレード共通の仕様変更として、セカンドシートとサードシートの中央席に3点式シートベルトを、セカンドシートの左右シートにISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを採用し、セカンドシートをスライドさせた際の固定用バンドも装備。

車体色は、新色の「クリスタルミストメタリック」を含む全4色を設定している。

エンジンは、2.0Lの水冷4サイクル直列4気筒(DOHC16バルブ)、トランスミッションはCVTを採用。

駆動方式は、2WD(FF)とフルタイム4WDを用意。

乗車定員は8名。