「ネット比較男子」平均貯蓄は425万円--ネット比較消極層より141万円上回る

写真拡大

オリックス生命保険は7日、「節約生活とプチ贅沢に関する実態調査」の結果を発表した。

同調査は、7月13日〜17日の期間にモバイルリサーチにて行われ、20歳〜49歳の男女1,000名から有効回答を得た。

まず、給料上昇の見込みや世帯年収上昇の見込みについて尋ねたところ、「個人年収は上昇の見込みがない」と答えた人は有職者804名のうち57.5%、「世帯年収(親の年収は除く)は上昇の見込みがない」と答えた人は全体の51.9%に上った。

有職者の性年代別に給料上昇の見込みを感じていない割合を調べてみると、男性有職者では40代が最も多く62.5%。

以下、30代が46.5%、20代が40.8%と続いた。

一方、女性有職者では20代が70.5%で最多となり、次いで40代が66.4%、30代が59.4%との順となった。

次に、日頃、出費を抑えるために節約しているものを聞いたところ、トップは「電気代」で59.2%。

以下、「外食費」が53.8%、「衣類・ファッション費」が47.4%、「レジャー・娯楽費」が40.2%、「食品・飲料(お酒を除く)費」が39.2%と続いた。

反対に、節約したくないものとしては、最多は「レジャー・娯楽費」で31.2%。

次いで、「食品・飲料(お酒を除く)費」が25.6%、「交際費」が24.0%、「医療費」が21.6%、「外食費」が16.9%との結果となった。

また、子どもがいる386名について見た場合、「教育費」が35.8%で最も多かった。

今後の生活で見直したいものを尋ねてみると、「通信費(ケータイ・スマホ、インターネットなど)」が27.5%でトップ。

特に30代女性では37.7%が「通信費」を見直したいと考えていることが分かった。

また、全体の5位(20.1%)だった「保険料(生命保険、損害保険)」については、40代が他の年代よりも割合が高く、40代男性では25.3%、40代女性では28.3%となり、それぞれ見直したいものの2位に入っている。

消費税増税などの出費に備え、これから節約を意識していきたいものを質問したところ、41.1%が「食品・飲料(お酒を除く)費」と回答。

以下、「外食費」が40.9%、「電気代」が38.9%、「レジャー・娯楽費」が32.8%、「嗜好品(お酒、タバコなど)費」が32.2%と続いた。

また、貯蓄について、ネット比較積極層(587名)とネット比較消極層(217名)を比較した場合、定期的に貯蓄をしている割合は、ネット比較積極層では56.2%だったのに対し、ネット比較消極層は46.5%と、9.7ポイントの差がつく結果に。

平均貯蓄額については、ネット比較積極層は385万円で、ネット比較消極層の284万円より高く、特にネット比較積極層の男性「ネット比較男子」では425万円となっている。