あの会社の社食 (4) 日本マイクロソフトの社食がおしゃれすぎます!

写真拡大

今回紹介する社食は、東京・品川の日本マイクロソフト本社にある「One Microsoft Cafe」だ。

コンセプトをそれぞれ統一した4エリアですべてのインテリアにこだわりが光る、おしゃれすぎる社食を訪ねた。

同社オフィスは品川グランドセントラルタワーの19階〜31階にあり、「One Microsoft Cafe」はその19階に位置する。

まず驚くのは、300席がゆったりと配置されているその広さ。

カフェ内は朝、昼、夜をイメージした4つのエリアに分かれている。

まず、朝をイメージした「Picnic Area」。

ここではナチュラルブラウンと緑色の床にアウトドア風のテーブルとチェアが並び、中央にはガーデンパラソルも開いている。

まるで屋外の自然の中でピクニックしているような気分になれる。

鮮やかなオレンジ色の壁はブレスト用の黒板にもなっているという。

続いて、昼のイメージの「Cafeteria」。

白を基調とした明るい空間で、食事等が提供されるカウンターを取り囲むように、席が配置されている。

さらにその奥には、夜のイメージの「Lounge」がある。

落ち着いた雰囲気で、一人で黙々と仕事をする従業員の姿も多く見られた。

ビリヤード台や同社のゲームを体験できるスペースなども用意されている。

隣接する「Diner Booths」には、ボックス席、用途に合わせて選べるソファ席、カーテンで仕切られた個室風の席などもある。

いずれのエリアも全時間帯(8時30分〜20時)で利用でき、気分や用途に応じて席を選べるという。

同社では、コミュニケーションシステム「Microsoft Lync」の活用により、6割ほどの従業員が固定席を持たないフリーアドレス制をとっている。

Caféは従業員が仕事をする場所としても利用されているという。

ランチは、日替わりのメインを決めてサイドメニューを2種類から選ぶというデリ形式のセットメニューだ。

取材日のメニューは「豚の冷しゃぶとまポン」(680円)、「米粉の唐揚げ」(680円)、「白身魚の香草パン粉焼き」(680円)、「完熟トマトのドライカレー」(680円)、「エビとアボカドのマヨサラダボウル」(680円)、「炙りチャーシュー麺」(600円)だった。

メニューのポイントは、カロリーを抑え、野菜が多めで満腹感がある健康的な食事であること。

同カフェではこれまでも「健康プログラム」として、健康診断の特定保健指導対象者や希望者に向けた管理栄養士が監修する専用メニューの提供なども行ってきた。

先月には、この社食メニューを家庭で楽しめるレシピ本『日本マイクロソフトの社員食堂 野菜たっぷり! デリレシピ 63』(キラジェンヌ発行)も発刊された。

セットメニューの他、フレッシュな野菜が並ぶサラダバーや、厨房で焼いた焼きたてのパンなども人気という。

コーヒーをはじめ、お弁当やおにぎり、サンドイッチなどの軽食も充実している。

夜の時間帯にはアルコールも提供。

予約で宴会場としても使えて、連日予約でいっぱいなのだとか。

またカフェ内のメニューは全メニューテイクアウト可能で、あまり時間のとれない従業員にとっても利用しやすい。

昨年9月からカフェをより多くの従業員に利用してもらおうと、メニューの改善が行われた。

ランチが単品メニューからセットメニューになって選びやすくなり、食器はすべてル・クルーゼのものを採用して見た目も華やかになった。

カフェは食事をする場所としてだけではなく、従業員のコミュニケーションの場としても活用されている。

カフェの名前にもなっている「ワンマイクロソフト」は、様々な製品を担当する従業員が連動し、1つのマイクロソフトとして取り組むことを表しているという。

こんなにおしゃれで快適なカフェなら、自然と人が集まって、新しいアイデアやコミュニケーションが生まれそうだ。