ヤマハ、オフロードバイク「WR250R」のカラーを変更して発売

写真拡大

ヤマハ発動機はこのほど、軽二輪オフロードバイク「WR250R」のカラー&グラフィックを変更して30日に発売すると発表した。

価格は70万1,400円。

今回の変更では、「ディープパープリッシュブルーソリッドE」の車体色に、新グラフィックの「エアスクープ」と「ホワイトリアフェンダー」を、モトクロス競技専用モデルの2013年YZシリーズ共通イメージとして採用。

車体色「ヤマハブラック」は継続となる。

WR250Rは、国内軽二輪オン&オフロード車として、唯一アルミ製フレームを採用したモデルであり、軽量でコンパクトなボディに250ccの水冷4ストロークDOHC単気筒4バルブ・FIエンジンを搭載。

優れたオフロードスポーツ性能や、スタイリッシュなフォルムが特徴とのこと。