初心者でもマグロやブリが釣り放題! 「和歌山マリーナシティ」で大物GET

写真拡大

一時期話題になった「森ガール」「山ガール」に続いて、現在若い女性たちを中心に増えているのが「釣りガール」、略して「釣女(ちょうじょ)」! その「釣女」から有力情報をキャッチした。

「和歌山県にブリやマグロが釣れる海洋釣り堀があるらしい……」これはぜひ検証せねばと、「和歌山マリーナシティ」(和歌山県和歌山市)へ。

ここは、テーマパークの「ポルトヨーロッパ」や「黒潮温泉」などが家族連れやカップルに人気のリゾートアイランドだ。

実はこの「和歌山マリーナシティ」には海釣り公園が併設されており、休日にもなると大勢の釣り人が全国から訪れる。

そこで今回は、全国でも珍しいこの釣り堀をご紹介しよう。

今回はもちろん大物狙いなので、入り口で大人1日券1万円を購入。

ここで注目したいのは、大人500円、子供300円の見学券だ。

お父さんが1日券を購入し、お母さんとお子さんは見学券を購入すれば、家族3人で夢の大物釣りを楽しめる。

チケットを買って入場後、竿(さお)を借りて餌を購入。

「和歌山マリーナシティ」は釣りざおから釣りエサまでなんでもその場でそろうので、手ぶらでも十分釣りを楽しめる。

釣り堀には常時、指導をしてくれるスタッフが待機しているので初心者でも安心だ。

1年を通してメーンはタイ、そして初夏から真夏にかけてはブリ、カンパチなどの青物、時期によってはマグロも泳ぐそうだ。

マグロを釣りあげたいのはやまやまだが、今回はいまが旬のブリを狙うことにする。

釣り糸を垂らして約1時間が経過。

周囲がブリやタイのHITラッシュにも関わらず、ウキがピクリともしない。

これはなかなかの長期戦になるかも……と腹をくくったそのとき、一台のトラックがやってきた! 周囲がざわめく!「放流トラックが来たぞ!!」放流トラック!? なんなんだそれは! と目をこらしてみると、荷台からスタッフの男性が何かをすくって、惜しげもなく海洋釣り堀に投げ込んでいく。

投げ込まれているのは……なんと、ブリやカンパチ、タイといった大物ではないか!!しかも、放流されているのは1匹や2匹ではない。

20匹や30匹なのだ。

驚いているのもつかの間、放流中にななななんと! 竿(さお)にガツンとHITした! 適度にリールを緩めなければ糸が切れてしまうほどの強い引き。

スタッフの芝さんにも手伝っていただいて格闘すること20分。

見事、70cmの大物ブリをGETすることができた。

釣り経験があまりなくても、初心者の女性やお子さんが簡単に大きな魚を釣り上げることもできるのが、海洋釣り堀の魅力なのだそうだ。

今回狙っていたブリは回遊魚なので、釣り堀のど真ん中を狙うのではなく、釣り堀を仕切る網の近くにキャスティングするのがポイント。

ブリのサイズを測ったら、その場でスタッフにブリをしめてもらう。

しめの作業に15分程度かかるということだったので、公園内のお食事喫茶「ボルドゥ」へ。

こちらでは魚のさばきサービスのほか、お弁当デリバリーも行っている。

お弁当(800円)は手作りでボリューム満点。

あまりのおいしさに買った弁当を釣りをしながら夢中で食べていると、またウキが沈んだ! ここから怒涛のHITラッシュが続く。

先ほどよりは軽いが、グングンと強い当たり、これはタイだ!連続でタイがHIT! なかにはタイミングが合わずに逃げてしまったものもいたが結果タイ3匹、ブリ1匹を釣り上げる事ができた。

釣り上げた魚は持ち帰ることができる。

現地で発泡スチロールや氷を販売しているので、必要に応じて調達しよう。

釣りと言えば、本格的な手段や装備が必要で、女性やファミリーにはなかなか難しいと言われてきた。

しかし、「和歌山マリーナシティ」では、釣りに必要なものは全てそろっているし、水道やトイレ、軽食などの設備も万全。

初心者でも安心だ。

初めてだからと臆(おく)することなく、ぜひ大物GETに挑戦してほしい。

●和歌山マリーナシティ住所:和歌山市毛見1535-3 和歌山マリーナシティ内交通:JR阪和線和歌山駅から和歌山バス「マリーナシティ行き」で約30分JRきのくに線海南駅から和歌山バス「マリーナシティ行き」で約15分南海本線和歌山市駅から和歌山バス「マリーナシティ行き」で約30分営業時間:大人1日入場(7:00〜15:00)10,000円大人半日入場(10:00〜15:00)7,000円小人1日入場 (7:00〜15:00)  6,000円小人半日入場(10:00〜15:00)  4,000円定休日:不定期駐車場:有(有料)創業:1994年

続きを読む