福島交通、新白河〜会津若松間に新路線 - 東北新幹線からバス1本で会津へ!

写真拡大

福島交通は9月1日より、期間限定で新路線「新白河 - 大内宿 - 若松線」の運行を開始する。

11月25日までの土日祝日のみの運行で、予約不要。

同路線は、東北新幹線の停車駅であるJR新白河駅から、奇岩怪岩の名勝「塔のへつり」や江戸時代の茅葺き屋根の町並みが残る「大内宿」などを経由し、会津の温泉地および会津若松駅までとなる。

上下各1日2便を東北新幹線新白河駅の発着時刻に合わせて運行。

東北新幹線で新白河駅を降りてからバス1本で会津に向かうことが可能になる。

運行経路は、新白河駅からキョロロン村、下郷町役場、塔のへつり、湯野上温泉駅前、大内宿、芦ノ牧温泉、鶴ヶ城入口、会津武家屋敷(東山温泉)、会津若松駅。

運賃は新白河駅〜会津若松駅・会津武家屋敷(東山温泉)・鶴ヶ城入口で2,400円(小人半額)。



続きを読む