【大分・別府】「今まで食べていたサバは何だったんだ…」と衝撃を受ける極上の関サバを出す店『みなみ丸 合歓』

写真拡大

サバといえば塩焼きや味噌煮、お寿司のネタとしても使われるわれわれにとって非常になじみ深い魚だ。

日本人ならほとんどの人が食べたことのある魚だと思うが、大分県別府市のとあるお店で出されるサバは、今まで食べてきたサバの常識をくつがえすとんでもなく美味しいサバなのである。

そのお店は別府駅から徒歩数分のところにある魚料理店『みなみ丸 合歓(ねむ)』。大分といえば通常は回遊する魚であるアジやサバが豊予海峡で根付き、佐賀関で水揚げされる『関サバ』や『関アジ』が有名だが、ここでは店主が自ら釣ってきた関サバや関アジをリーズナブルに味わうことができる。

お値段は関サバ、関アジどちらも4000円と値段だけ見ると高めに感じるかもしれないが、3〜4人でシェアしても十分な量なので、それを考えると安いと思う。

関アジも美味しいのだが、このお店でぜひ食べて欲しいのが『関サバ』。記者はサバやアジを船で釣りに行くほど青魚が好きなのだが、ここで出されたサバは見た目から今まで私が知っていたサバではなかった。

皮目の部分はサバの模様があるのだが、身はまるで一級品のブリのような美しい脂の乗り。関東で釣ったサバでは間違いなくお目にかかれない、美しいまでの白さなのである。

さっそく山葵と甘めの九州で作られた醤油をつけて一口食べると「今まで食べていたサバは何だったんだ…」と、かなりの衝撃を受けてしまった。甘い醤油に負けない濃厚な旨味を持った関サバの味は、きっと忘れることができないだろう。

関東で魚料理の美味しい店はかなり行ってきたつもりだったが、ここまで美味しいサバを出す店はおそらく関東には無いだろう。神奈川県の松輪で獲れるサバも有名で美味しいが、ここまで極上の脂が乗りに乗ったものは今までお目にかかることは無かった。

また、『みなみ丸 合歓(ねむ)』では魚以外にも大分名物『鶏天』や、ビックリするぐらい大きくて美味しいサザエのつぼ焼きなど、たくさんの料理が楽しめる。別府温泉に行くときはあえて素泊まりにしておいて、夕食はここで食べるという選択はきっと間違いないはず。

ああ、関アジの寿司も美味しかったなぁ…関サバもお腹が許すなら、寿司で味わってみたかった。本当に九州は美味しいものだらけである。

訪問店舗:みなみ丸 合歓 (みなみまる ねむ)
住所:大分県別府市北浜1-11-20
営業時間:17:30〜24:00
定休日:火曜日

写真:ロケットニュース24


画像をもっと見る