スマイルズ新ブランド「my panda」デビュー 10月渋谷パルコに初出店

写真拡大

 「Soup Stock TOKYO(スープストックトーキョー)」や「giraffe(ジラフ)」を運営するスマイルズのファッション事業から誕生したブランド「my panda(マイ パンダ)」初の直営ショップが、10月5日にオープンすることが発表された。渋谷パルコ内のショップを家に見立て、ブランドのテーマ「ツートーン」を反映。パルコによる日本初のファッションを応援するコミュニティ型マイクロファンド「FIGHT FASHION FUND by PARCO」の出資先デザイナー、中村裕子による新ブランドとしても注目されている。 新ブランドmy pandaパルコに出店の画像を拡大

 2012-13年秋冬シーズンにデビューする「my panda」は、色と色、素材と素材の組み合わせによる「ツートーン」をテーマにしたアパレルを中心とするファッションブランド。選ばれた2色の組み合わせは、その人の好みや気分を表現するものと捉え、「ツートーンをきっかけに自分だけのカワイイを見つけてコミュ二ケーションの創造につなげて欲しい」という思いが込められている。シャツやコート、スカートなどウェアの他にも、小物やステーショナリーといったライフスタイルに沿ったプロダクトを制作。全てのアイテムにおいて上質の素材を使用し、色にこだわった「ツートーン」で展開される。 渋谷パルコPart1の地下1階に出店予定の「my panda」初店舗は、『my panda』HOUSEをコンセプトに、「minä perhonen(ミナペルホネン)」の限定ショップなどを手掛けるトラフ建築設計事務所がスペースデザインを担当。ツートーンを基調とした「panda」の家が出現する。13.4坪の店内を一軒の家に見立てて屋根や窓を配置。ショップ全体が来店客のコミュニケーションツールとなるような空間を提供する。売上目標は初年度5,400万円で、3年間で3店舗の出店を目指す。 デザイナーの中村裕子は、2011年10月に立ち上げられ2012年7月に当初の予想よりも早く満額となった「FIGHT FASHION FUND by PARCO」の出資先デザイナーの一人。8月8日に開催された出資先デザイナーと出資者による交流イベントで中村裕子は、「my panda」のデビューに向けて「最初はウィメンズ向けのブランドと考えていたが、出資者からの『メンズも欲しい』という声を取り入れて1〜2割程度のメンズ商品を投入した。シンプルなデザインの商品が多いので、その人の年齢層に合わせた幅広い着こなしを楽しんでもらえたら」と話し、また今後について「パンダメイクやツートーンのヘアカラーを施したモデルを使ったショーも開催してみたい」というビジョンを明らかにした。■FIGHT FASHION FUND by PARCO とは? http://www.fashionsnap.com/news/2011-10-20/parco-fashion-fund/■my panda 渋谷パルコ店 場所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコPart1 B1F 時間:10:00〜21:00 2012年10月5日オープン