スカッとした爽快感! 「冷(ひやし)シリーズ」にボディーソープも登場

写真拡大

クラシエホームプロダクツが販売している「冷(ひやし)シャンプー」が発売5年目を迎え、好調に売り上げを伸ばしている。

シャンプーに加え、ボディーウオーターとボディーソープも新たに登場し、7月に入ってからは「冷シリーズ全体」として前年比144%と売り上げも増加傾向にあるという。

同商品は同社の理美容店向け商品を扱うプロフェッショナル事業部門から発売したもの。

梅雨明け以降の気温の上昇に伴い、サロンにおける「冷シャンプー」の使用が増加。

「冷シャンプー(200ml)」が145%、理容サロンで業務用として使用された「冷シャンプー(2,000ml)」が116%、新製品の「冷ボディーソープEX(280ml)」が158%と好調な売れ行きを示している。

(6月4日〜7月31日の週別売り上げ平均を100とした場合の比較でメーカー出荷個数)。

売り上げが好調な理由として、同社は「冷シャンプーをサロンで体験することによって、理容サロンでの店販購入につながっていること、また、昨年度購入した人が夏の定番商品として本年度もリピート購入していることではないか」と見ている。

新発売の「冷ウオーター」は超冷涼成分のEXメントールを配合し、火照ったカラダを瞬間冷却する全身ローション。

さらに、肌ケア成分の「柿渋エキス」、ひきしめ成分の「ハマメリス水」を配合し、汗などのニオイが気になる時にもベタつかずさらっとクールな使用感を実現。

つけた瞬間はもちろん、つけた後もクール感が持続する。

200mlで価格は1,050円(税込み)。

「冷ボディーソープEX」は、冷涼成分メントールにカンフルを組み合わせ、涼しさをアップさせた独自のブレンドのボディーソープ。

アミノ酸系洗浄成分「ココイルグリシンK」とともに、うるおい成分の「アロエエキス」、ひきしめ成分の「ハマメリス水」を配合。

夏のベタつき肌をスッキリいたわり、スカッとした洗い上がりが楽しめる。

280mlで価格は1,050円(税込み)。