ドイツの洗濯用フレグランス「ヴァーネルクリスタル」から新しい香りが登場

写真拡大

シービックは洗濯用フレグランス「ヴァーネルクリスタル」シリーズより、「ヴァーネルクリスタル ホワイトブロッサム」を9月5日に発売する。

同商品はいつもの洗剤と一緒にビーズ状の本商品を使用することで、洗濯物に香りを付けることができる洗濯用のフレグランス剤。

ドイツのヘンケル社の商品で、ヨーロッパで40年以上愛用されている香りが長時間続く柔軟剤「ヴァーネル」とともに、2012年3月より日本で発売開始した。

柔軟剤は使いたくないが香りは楽しみたい時、使用量を調節して自分の好みの強さの香りにしたい時など、今までにはない使い方ができる。

同社が行った柔軟材の香り調査によると、「柔軟材の香りをもっと付けたいと思ったことがある」は45%、「香りを減らしたいと思ったことがある」が11%。

あわせて半数以上が柔軟材の香りを自分で調整したいと思っていることが分かった。

香りを自分で調整したいという要望から、柔軟剤使用者の23%が標準の2倍以上の量の柔軟剤を使用しているという調査結果も出ている。

香りの柔軟剤の使用に加えて、洗濯用フレグランスという洗濯物に自由に香りを付けて調節できる同商品は、新しい洗濯の楽しみを提案できるもの、としている。

このほど新発売する「ホワイトブロッサム」の香りは、晴れた日の花畑をイメージした香り。

ローズとランのマリアージュを中心に、フルーツやミツバチが運ぶハチミツ、温かい木々の心地よい香りを包み込んだ。

既に発売されている3つの香りとともに、好みやその日の気分で香りを選ぶことができる。

同商品は480g入り、9月5日に発売。

価格はオープン。