ダンヒルAW12 ブランド広告キャンペーン「ザ・ボイス」がスタート!
s_johnhurt_dunhill the voice AW12_RGB.jpg2011年春夏シーズンからスタートした、dunhill (ダンヒル) ブランド広告キャンペーン『ザ・ボイス』が今シーズンも始まります。ダンヒルマンの本質を描き出す『ザ・ボイス』は、英国人男性らしい実直さと気品を表現します。各専門分野で実際に優れた功績を残した輝かしい英国人男性をイメージモデルに起用し、ダンヒルを着こなしたモノクロのポートレートとインタビューをシリーズで展開するものです。



(写真は、『ザ・ボイス』 キャストの一人、俳優のジョン・ハート)
今シーズンのダンヒルのイメージキャラクターとなるのは、現在活躍する最も素晴らしい俳優の一人であるジョン・ハート、先鋭的建築家デイビッド・アジャイ、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞受賞のジェームズ・マーシュ、そして画家であり、映画製作者のジェイミー・ヒューレットの4人。このブランドイメージ広告キャンペーンは一連の白黒ポートレートで構成されています。また、4名がそれぞれが彼らの意見や経験、自身についての洞察、何が彼らを造り上げているのかを語るインタビュームービー(www.facebook.com/AlfredDunhill)もご覧いただけます。『ザ・ボイス』で紹介するのはセレブや世界の有名人ではありません。それぞれの世代で、異なるバッググラウンドを持つ実在するイギリス人を紹介しています。彼らは各専門分野で実際に優れた功績を成し遂げ、そして今も努力を続ける、謙虚さと気品を兼ね備えた男性たちです。彼らは、思いやりや献身さ、信念を持つことが時代を超えて素晴らしいものであることを体現しているのです。輝かしく、感動的で、感情をかき立てる、魅力的な男性たちが、それぞれに考え方、欠点そして人生を語ります。『ザ・ボイス』の象徴的白黒のポートレートと、自身をさらけ出したインタビューを通じ、アルフレッドダンヒルは4人それぞれの服で覆われていない心の内側を描きだしています。なぜ彼らがこれほどまでに優れているのか、彼らは誰に、もしくは何から触発されているのか、なぜ象徴的な存在であるのか、ポートレートとインタビューを通じて確認できます。8月1日よりFacebookのダンヒルオフィシャルページで各キャストのインタビュームービーが順次upされます。


 
■2012年秋冬「ザ・ボイス」のイメージキャラクター

【James Marsh / ジェームス・マーシュ】
映画監督、2008年、ドキュメンタリー映画『マン・オン・ワイヤー』(日本公開2009年)でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。彼が2011年に監督した『プロジェクト・ニム』(原題)は、第84回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート候補15作品に選ばれている。



s_jamesmarsh_dunhill the voice AW12_RGB.jpgジェームス・マーシュ(映画監督)



【David Adjaye / デイビッド・アジャイ】
建築家、現代のイギリス建築家の中で最も注目されている人物。多くのプロジェクトを手掛けており、最近ではワシントンにあるスミソニアン博物館の増築を担当した。



s_davidadjaye_dunhill the voice AW12_RGB.jpg
デイビッド・アジャイ(建築家)


 
【Jamie Christopher Hewlet / ジェイミー・ヒューレット】
画家であり映画製作者、デーモン・アルバーンとのプロジェクト「ゴリラズ」ではビジュアルを担当しギネスに載るなど世界的人気を誇る。



s_jamiehewlett_dunhill the voice AW12_RGB.jpgジェイミー・ヒューレット(画家・映画製作者)


 
John Hart / ジョン・ハート】
俳優、現在活躍するもっとも素晴らしい俳優の一人である、ジョン・ハート。直近では、第84回アカデミー賞ノミネート、英国アカデミー賞(BAFTA)英国作品賞、脚色賞 受賞など多くの映画賞に輝く『裏切りのサーカス』に出演している。


 

s_johnhurt_dunhill the voice AW12_RGB.jpgジョン・ハート(俳優)
 




 【問】ダンヒル/リシュモン ジャパン tel : 03-4335-1755
 URL : http://www.dunhill.com/ja-jp/


■関連記事
『モンブラン 国際文化賞 アート・パトロネージ・アワード 2012』を福武總一郎氏が受賞!
ダンヒルが2012年サッカー日本代表チーム オフィシャルスーツを発売!
『ジラール・ペルゴ ハイコンプリケーション・コレクション』フェア開催!