日本一心と体を温めてくれるラーメン店「生姜ラーメンみづの」

写真拡大

日本一心と体を温めてくれるラーメン屋といえば、「生姜ラーメンみづの」さんだ。このラーメン屋さんは、老夫婦2人で切り盛りしている小さなお店で、旭川のみならず北海道でも有名なラーメン店だ。特に、すりおろした生姜がたっぷり入った生姜らーめん(630円)が人気でその美味さといったら、自然と最後までスープを飲みきってしまうほど……らしい。

果たして、著名人までもが太鼓判を押すその生姜ラーメンとは一体どんなラーメンなのか、早速筆者はこの「生姜ラーメンみづの」さんに行ってみることにした。

■店内
店内は至るところに著名人のサインが貼られており、その人気っぷりはよく理解できる。また、橋本龍太郎元首相の写真も掲げられていた。さすがは人気店である。また、店内は昔ながらの食堂といった感じでその雰囲気だけでもなぜか心が温まってしまう。別名「時代の流れに流されない名店」とも言われる所以が理解できる。

■メニューは?
基本的には、しょう油ラーメン(530円)、しおラーメン(530円)、みそラーメン(630円)、しょうがラーメン(630円)の4種類だ。一番人気は、もちろんしょうがラーメン。また、チャーシュー、生卵、バターをそれぞれトッピングしたメニューもあった。

■「しょうがラーメン」の感想
失礼ながら、このラーメンは決して流行の激ウマラーメンではない。しかし、どこか懐かしい……そう、心も温まる古き良きラーメンなのである。スープ(醤油ベース)もとても上品で、自然と飲み干してしまう。生姜の風味が優しくて、麺とも絡み合う、最高の一杯である。ちなみに麺は中細ちぢれ麺なのだが、どちかというとストレート麺にちかい。ちぢれていなくても醤油ベースのスープがしっかりと絡みあうのだ。

さらに、すりおろした「しょうが」がたっぷり入ったスープであるが、正直このスープだけでご飯が食べれるほどウマい。これなら生姜嫌いの人も自然と飲めてしまうことだろう。あるネットのクチコミでは「あそこのラーメンは具はいっさいいらない。しょうがのスープと麺だけで十分である」といったものがあったが、これには120%賛成である。

■車で行く際はご注意を
ということで、この夏、旭川に行く予定の人はぜひとも「生姜ラーメンみづの」さんに行ってみてほしい。ただし、駐車場がないので、訪れる際は、事前に駐車場などをチェックしておこう。うん、筆者はまた行きたいと思う。あの懐かしさを味わうために。

・今回紹介した店舗
店名:「生姜ラーメンみづの」
住所:北海道旭川市常盤通2丁目
定休日:不定休
営業時間:【平日】
10:00〜15:00 
17:00〜19:30  
【日曜日】
11:00〜17:30
ランチ営業、日曜営業


この記事の動画を見る