電気を効率よく高品質に届けるコネクタ製品を開発、世界に提供

理系のシゴトバ Vol.68

昭和電線ホールディングス株式会社

生活を支える電気。社会インフラを支えるコネクタ製品のリーディングカンパニーのシゴトバ


■昭和電線ケーブルシステム 電力機器部 技術課

私たちの生活に欠かせない電気。発電所で作られた電気は、送電線や配電線などを通って、私たちの元に届けられています。昭和電線ケーブルシステムはそうした電力・通信ケーブルおよび関連製品の製造・販売・施工を行う会社です。1936年の設立以来、電線業界をけん引してきたメーカーの一社である昭和電線電纜(でんらん)がホールディングス制へ移行した際に、その基盤事業であったコミュニケーション事業、エネルギーシステム事業を引き継いだのが同社です。最近はエコ電線や電力用接続機器、超電導線材、熱電変換素子などの環境に配慮した製品も積極的に開発、提供しています。今回は送電に欠かせない電力機器製品を設計・開発している昭和電線ケーブルシステム(※) 電力機器部 技術課のシゴトバを訪れました。
※昭和電線ケーブルシステムは昭和電線ホールディングスのグループ会社です。採用については昭和電線ホールディングスで受け付けております。