ロンドン五輪女子バレーボール準々決勝で、日本はフルセットの末中国を破り準決勝進出を決めた。中国メディア・鳳凰網は、中国が決勝のことばかり考えて日本戦への準備を怠ってきたとする国内評論家の解説を紹介する記事を掲載した。

 中国中央テレビ(CCTV)の解説者、洪剛氏が中国の敗因について解説した。

 洪氏はまず、日本に確かな実力があったと認め「昨年のワールドカップ最終戦で米国を優勝の座から引きずり下ろすなど、今回の結果はちっとも意外ではなかった」とした。また、長きにわたり低迷していたものの、バレーに対する追求を怠ることがなかったと評価し、「基本技術は中国より上。身長やパワーで及ばない部分を技術で補った。中国は日本に学ぶべき」と賛辞を送った。

 そのうえで、「誰も日本戦を心配しなかった。これが危険のシグナルだったが、実際に日本に負けた。準決勝や決勝に注意を向けるのが早すぎたのだ」とし、中国が日本戦をやや軽視して準備を怠ったことも敗因の1つであると分析した。(編集担当:柳川俊之)