(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹操、馬超と韓遂を離反させる!
曹操は馬超と韓遂が組んでいては勝てないと考えています。しかし2人が離反すれば造作も無いとも見ています。

そこで曹操は無防備で韓遂と世間話をしたり、わざと墨で一部を塗り潰した手紙を韓遂に送ったりと馬超の疑念を生じさせるような芝居を打ちます。

馬超の韓遂に対する疑念が決定的になったのは、曹仁の韓遂に対する一言。それによって馬超は韓遂の首を斬るも、曹操軍の夜襲により馬超は敗走することになります。
●益州の劉璋、張松を使いに出す!
曹操軍が馬超を敗走させ、隣国の張魯をも攻め落とす勢いとなると益州の劉璋は対応策に迫られる事になります。

そこで曹操との交渉役として志願したのは張松。彼は不細工な外見とは裏腹に相当な切れ者のようです。

張松は貢物を持参して曹操へと向かいますが…。
●曹操、張松を百叩きにする!
劉備軍の龐統は面が割れていないため、旅の占い師に変装して張松へ近付きます。そこで彼を荊州の劉備の元へと誘いますが、最初は断られてしまいます。

さて、曹操と謁見した張松ですが曹操の慇懃無礼な態度に対して彼もどうしても対応が悪くなってしまいます。しかも、曹操が執筆した兵法書「孟徳新書」を一目見ただけで諳んたことが曹操の逆鱗に触れ、百叩きの罰を受けてしまう羽目になります。

※張松が不細工な事も災いしたようです。

これによって張松は曹操を見切り、劉備の元へと訪問することにします。
●張松、劉備を訪問する!
劉璋に対して大見栄を切った手前、そのまま帰るわけにはいかない張松。とりあえず龐統の話を頼りに劉備の元を訪れます。

張松がやってくると趙雲がお出迎え、そして関羽・龐統・孔明と丁寧に応対します。そして主君である劉備も張松を大歓迎します。

それから3日程、客人として盛大な歓迎をしたにもかかわらず劉備は益州の事など微塵にも出さず張松自ら益州を差し出す話を出しても断られてしまいます。

帰り道、張松は龐統に「西蜀地理図」を献上します。即ちこの地図を持つという事は益州を制するという事を意味します。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第40話「氷の城」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第39話「父子再会」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第38話「玄徳の失敗」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第37話「王覇の業」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第36話「玄徳虎穴に入る」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト