新潟県、越後妻有地区の里山を舞台に世界最大規模の芸術祭開催

写真拡大

新潟県越後妻有地区で行われているのが、3年に一度の国際的芸術祭である「大地の芸術祭アートトリエンナーレ2012」だ。

「人間は自然に内包される」というコンセプトのもと、現代社会の効率化、合理化により環境破壊を引き起こすパラダイムをシフトする契機としようというものだ。

そのため、「非効率」を徹底。

360近い作品を6地域、200集落、約760平方キロメートルという広大な地域に点在させている。

芸術作品を鑑賞するとともに、越後妻有地区の自然豊かな里山の美しさにもふれることができる。

作品の配置場所である6つの地域にはそれぞれ特色がある。

まずは、織物と農業の町、十日町エリアには越後妻有里山現代美術館「キナーレ」がある。

「絵本と木の実の美術館」は廃校になった校舎を修復した美術館だ。

次に、稲作を中心とした地域である川西エリアには光のアーティスト、ジェームズ・タレルの作品世界を体感できる「光の館」がある。

また、ナカゴグリーンパークには芸術祭の作品はもちろん、パターゴルフも楽しむことができる。

さらに、縄文時代中期の火炎型土器が出土したことで有名な沖の原遺跡がある津南エリアには、蔡國強(中国)や金九漢(韓国)、クイビーン・オフラハラ(アイルランド)の作品群が展示されている。

日本三大渓谷のひとつ、「清津峡」がある中里エリアにはフィンランドの芸術家グループの手による「ポチョムキン」と名付けられた美しい公園がある。

稲作が主体の松代エリアのみどころは、築150年の古民家にのべ3,000人が2年半をかけて彫刻を施した「脱皮する家」や、屋内外に約40のアート作品が点在する「農舞台」がある。

山菜やきのこなどの特産品、また、松之山温泉で知られる松之山エリアには、豪農の古民家と庭を博物館にした村山家旧宅があり、芸術祭の展示のほかに小説家坂口安吾の遺品も展示されている。

期間は7月29日から9月17日まで。

作品鑑賞パスポートは一般3,500円、高・専・大学生3,000円。

中学生以下無料。



続きを読む