ANA、三ツ星すし店&京都の老舗料亭監修の機内食を提供

写真拡大

全日本空輸(ANA)は9月、国内線プレミアムクラスの機内食の新コラボレーションメニューとして「鮨よしたけ」(東京都中央区)と「京料理 木乃婦(きのぶ)」(京都府京都市)監修のメニュー提供を開始する。

羽田・伊丹・千歳・福岡からの出発便の「Premium GOZEN(プレミアム御膳)」での提供となる。

同メニューの提供期間は、2012年9月〜11月、2013年3月〜5月。

9時以前に出発する便、11時30分から13時00分に出発する便、17時以降に出発する便が対象。

ただし11時29分以前の一部の出発便でも提供する。

羽田、札幌発の便では鮨よしたけ店主・吉武正博氏監修メニュー、伊丹・福岡発の便では京料理 木乃婦店主・盒饗鷸氏監修メニューがそれぞれ提供される。

なお、鮨よしたけは、ミシュランガイド初登場で三ツ星を獲得した銀座の名店、京料理 木乃婦は創業78周年を迎える京都の老舗料亭である。



続きを読む