リーフなら78万円も? 電気自動車を買うと申請できる「CEV補助金」とは

写真拡大

次世代自動車の購入者に補助金を交付する活動をしている次世代自動車振興センターでは、平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入費補助事業(CEV補助金)として、平成24年3月1日以降に登録した車両を対象に補助金申請を受け付けている。

募集期間は、平成24年4月20日から平成25年3月7日(必着)。

電気自動車を購入するとエコカー減税以外に、CEV補助金制度を利用することができる。

同制度は、昨年度の繰り越し分を含めて444億円の予算規模を持っているが、7月20日の段階で申請額は37億4054万円にとどまっているという。

電気自動車・プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車が補助の対象となるという。

補助金額は「購入額から基礎額を引いた1/2」または、「各車別の交付上限額」が適用される。

原付の場合は「購入額から基礎額を引いた1/4」、上限額は一律7万円とのこと。

代表的な車両の交付上限額は、パジェロ(三菱)が20万円、エクストレイル(日産)が21万から20万円、プリウスPHV(トヨタ)が45万円、リーフ(日産)が78万円、テスラロードスター(テスラ)が100万円など。

小型車ではデミオ(マツダ)が95,000円、軽四ではi-MiEV(三菱)が72,000円から96,000円。

ほか、原付4輪、原付2輪でも補助対象となる車種がある。

さらに、各自治体でも独自の補助金制度を設けているほか、東京都と愛知県では自動車税免額の施策も行われているとのこと。

同補助金制度の詳細は、同センターWEBサイト「平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金」のページで確認できる。