シャープ、プラズマクラスター加湿空気清浄機3機種を発売

写真拡大

総合家電メーカーのシャープは、「高濃度プラズマクラスター7000」を搭載した加湿空気清浄機3機種「KC-B70」「KC-B50」「KC-B40」を、9月1日に発売する。

希望小売価格はオープン。

参考価格は、「KC-B70」が55,000円前後、「KC-B50」が45,000円前後、「KC-B40」が40,000円前後。

同製品は給水タンクに「Ag+イオンカートリッジ」を搭載。

水まわりのヌメリやニオイの原因菌を除菌し、よりキレイな水で加湿する。

「KC-B70・B50」では「オート開閉ルーバー」が運転停止時の本体内部へのホコリの侵入を防ぎ、より清潔な風での清浄・加湿が可能。

さらに「10年間お手入れ不要脱臭フィルター」で、脱臭効果が持続するうえ、手入れの負担も軽減するとのこと。

さらに、ウイルスが生存しやすい湿度・温度をセンサーで検知する「乾燥・低温みはり」機能を搭載。

部屋の状態にあわせて運転を自動制御するという。

なお、「KC-B70」の1日24時間あたりの電気代は約3.6円と経済的な仕様となっている。

■プラズマクラスター加湿空気清浄機詳細・適用床面積(目安):KC-B70(17畳)、KC-B50(13畳)、KC-B40(11畳)・カラー:KC-B70-W/B(ホワイト系/ブラック系)、KC-B50-W/B(ホワイト系/ブラック系)、KC-B40-W(ホワイト系)