泡切れとすすぎの早さアップ! 泡ハンドソープ「キレイキレイ」改良新発売

写真拡大

ライオンは“泡切れ”と“すすぎの早さ”を向上したハンドソープ「キレイキレイ薬用泡ハンドソープ」を9月12日より全国で発売開始する。

あわせて母親と子どもに人気の「オレンジミックスの香り」と「フローラルソープの香り」も追加発売する。

同社の調べによると、泡タイプのハンドソープを購入するときに重視する項目は、殺菌効果や汚れ落ちに次いですすぎに関連する泡切れがよいことや、すすぎやすいことがあげられるという。

一方、子どもが手洗いにかける時間は約4割が10秒未満であり、母親は子供がきちんと手洗いできているか不安に感じていることが分かった。

このような背景を踏まえ、同社は“泡切れ”と“すすぎの早さ”をアップさせた「キレイキレイ薬用泡ハンドソープ」を開発。

さっぱりとした洗い上がりの石けんをベースに、「すすぎ性能向上成分」を新たに配合した「同社独自の洗浄技術」により、すすいだ直後からぬるつきがなくなり、早くすすぐことができるという。

バイ菌から手肌を守る「殺菌成分(IPMP)」も配合されている。

香りは手に香りが残りにくい「シトラスフルーティの香り」に加え、ほんのり甘い「オレンジミックスの香り」とやさしい「フローラルソープの香り」の3種類。

同商品はポンプタイプ(250ml)、つめかえ用(200ml)、つめかえ用大型サイズ(450ml)のラインアップで発売。

価格はオープン。