【男性編】回転ずしでありがちなことランキング


食べ過ぎに注意!!





回転ずしは、手軽で、早くて、安い、日本のファストフード。ベルトコンベヤーにいろいろなおすしがお皿に載って流れてくる。それをそのままピックアップするもよし、注文するもよし。楽しみ方の流儀は人それぞれ。明朗会計なのが一番ですね。そんな回転ずし屋さんでありがちなことをマイナビの男性会員425名に挙げていただきました。





Q.回転ずしでありがちなことを教えてください(複数回答)

1位 子ども連れが多い 28.0%

2位 安いからと、つい食べ過ぎてしまう 17.6%

3位 注文したすぐ後に目当ての皿が回ってくる 13.9%

4位 食べたいネタが回ってきても、新規で注文する 11.1%

5位 注文するのが恥ずかしくて、回っている皿だけ食べる 10.8%







■子ども連れが多い

・「半分以上、子連れだと思う」(26歳/IT・情報/技術職)

・「いつも食べ慣れているかのような子どもがいると腹が立つ」(45歳/その他)

・「家族で楽しみたい場所です」(26歳/機械・精密機器/営業職)





■安いからと、つい食べ過ぎてしまう

・「何皿食べられるか競争して、とんでもなく高くなった」(38歳/商社・卸/営業職)

・「腹いっぱいで苦しくなることが多い」(24歳/生保・損保/営業職)

・「安いと思い、たくさん食べた結果、いつもと同じ金額になっていた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■注文したすぐ後に目当ての皿が回ってくる

・「なかなか回ってこないマイナーな皿を頼んだら、すぐ回ってきたというのは何度もある」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「わざわざ注文するのも恥ずかしいが、食べたいすしが回ってないため、仕方なく注文したら回ってきた」(33歳/その他)

・「いつも注文した後にそのネタが補充されている」(28歳/情報・IT/技術職)





■食べたいネタが回ってきても、新規で注文する

・「新鮮なネタがいいので必ず注文する」(26歳/その他/技術職)

・「ずっと空気に触れているすしは嫌だから」(24歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「店にもよるが、ご飯が乾いたすしが回り続けていることもあるので」(23歳/その他)





■注文するのが恥ずかしくて、回っている皿だけ食べる

・「注文したいが、回っているのがあったらそれを取らないといけない気がするから。鮮度が落ちていたら、勇気を出して頼む」(27歳/建設・土木/技術職)

・「いつも連れに注文してもらう」(35歳/情報・IT /技術職)

・「回っているのを食べた方がはやい。そうなると王道以外が残っていることが多く、そればかり食べてしまう。そしてそれは安いから逆にうれしい」(28歳/金融・証券/営業職)





■番外編:回転ずしでの過ごし方いろいろ

・「回転ずしなので回転してくるのを待っている間に、お茶やしょうが、話が過ぎてしまい、おなかが膨れて食べたかったネタなどをあきらめてしまうことがままある」(24歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「食べ過ぎてしまうので、ガリやお茶でゆっくり食べるようにする」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ケーキやプリン類が充実していて、食事の後半は回転ずしでなくケーキバイキング化していることがある」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)





総評

1位は「子ども連れが多い」でした。特に郊外型の回転ずしは、ファミレス化しているためでしょう。子どもがはしゃいで騒ぐのを嫌うコメントも多く見かけましたが、家族で利用したいという声も。マナーを守って楽しみたいですね。





2位は「安いからと、つい食べ過ぎてしまう」です。回転ずしの特徴でもある、お皿の数で明朗会計できるという、安心感ならではのランクイン。食べる量によっては、カウンターのおすし屋さんに行けるくらいの金額になることもありそうですね。





3位「食べたいネタが回ってきても、新規で注文する」、4位「注文したすぐ後に目当ての皿が回ってくる」、5位「注文するのが恥ずかしくて、回っている皿だけ食べる」と、オーダーに関するものがランクインしました。





回転ずしは、いろいろなアトラクションがお皿に載ってレーンを流れてくる。子どもにとっても大人にとっても、まさにアミューズメントパークのようなものといえますね。

(文・OFFICE-SANGA 花澤和夫)





調査時期:2012年6月14日〜2012年6月17日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性425名

調査方法:インターネットログイン式アンケート