ルノー、夏本番に合わせて純正バッテリーを2カ月限定の特別価格で販売

写真拡大

ルノー・ジャポンは、エアコン使用などでバッテリーの負担が増える夏の時期に合わせ、ルノー純正バッテリーを特別価格で販売する。

9月30日までの期間限定。

自動車のバッテリーは電装品の増加につれて非常に負担が大きくなっており、同時にこれまで以上に重要なパーツとなっている。

とくに最近の低燃費なモデルはアイドリングストップや加速時に発電を抑制するシステムなどにより、ますますバッテリーの負担が大きくなっている。

また、バッテリーのトラブルというと寒い冬のイメージがあるが、実際にはエアコンを使用する夏場のバッテリー上がりも非常に多い。

外出先でのトラブルを未然に防ぐには、早めのバッテリー交換が最も効果的といえる。

ルノーのキャンペーンは夏本番の時期に合わせて行われるもので、たとえばカングー用バッテリーは通常価格が4万3,365円に対し、特別販売価格は3万356円となっている。

ただし、すべてのバッテリーが特別価格になるわけではなく、対象車種についてはルノーディーラーへ問い合わせる必要がある。

交換に際してはバッテリー価格にプラスして交換工賃も必要に。

なお、ルノーでは交換の目安として2年ごとを推奨している。