MINIの新しいリースプログラム「MINI SMILE」販売開始

写真拡大

ビー・エム・ダブリューはこのほど、100%出資子会社のビー・エム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンスが提供するMINIファイナンシャル・サービスに、新たなリースプログラムとして「MINI SMILE」を発売することを発表した。

「MINI SMILE」は個人向けのリースプログラムで、月々の定額料金と1kmあたり50円の走行料金を支払うという料金システムになっている。

通常のリースは料金が固定だが、「MINI SMILE」は走行した分だけ支払うためムダがなく、走行距離の少ない人にとっては非常に割安でMINIを手に入れることができる。

支払いプランにはベースプランとスマートプランが用意されている。

ベースプランは月々およびボーナス時の定額料金に加え、契約から2年後の車両返却時に走行距離に応じた走行料金を精算する。

スマートプランでは定額料金に2年間で1万km分の走行料金が含まれている。

2年間で3,000km以上走行するならスマートプランのほうが有利な料金設定になっている。

当然ながら、定額料金の中には自動車税や重量税、自賠責保険が含まれている。

わずらわしい諸費用や税金の支払いを気にする必要がなく、愛車の維持費用の大部分をリース料金にまとめることができる。

「MINI SMILE」は、「MINI CROSSOVER」全モデルに適用される。

従来のMINIバリューローン、MINI BIGバリューローンに加え、新たに「MINI SMILE」が加わったことでより購入しやすくなったといえる。