リシャール・ミルの時計でオリンピックに臨んだ短距離走者は誰!? 8/15発表

写真拡大

リシャールミルジャパンは、スイスの高級機械式時計ブランド「リシャール・ミル」と、オリンピック陸上競技の短距離選手がパートナーシップ契約を交わしたことを発表した。

現在世界ランク3位のテニス選手、ラファエル・ナダル選手や、4月の米国マスターズで優勝したバッバ・ワトソン選手と同様、この新たなパートナーは、腕に時計を着用してオリンピックの舞台に出場する。

新パートナーが着用するのはトゥールビヨン機構が搭載された時計で、ホワイトのケースとグリーンのフランジ、リュウズ、そして鮮やかな黄色のストラップのコントラストが印象的なデザインだ。

新パートナーはトゥールビヨン機構搭載の時計を着用した唯一の短距離走者となる。

なお、オリンピック委員会の規定により、新パートナーの名は閉会式後の15日に発表。

時計はプロトタイプであり、2013年に新たなキャリバーを共同開発するとのこと。