広島県竹原市で花火大会。大事な人へのメッセージを託した花火が夜空に舞う

写真拡大

広島県竹原市高崎町のJPOWERグラウンド沖で花火大会が開催される。

3,201発の花火を30分の間に一気に打ち上げる。

日時は8月25日、20:00〜20:30だ。

竹原の花火大会は「夢花火」と題され、花火にメッセージを託して打ち上げようというものだ。

結婚、出産、起業、新築、またプロポーズなど大切な人へ伝える内容を40文字以内で花火に貼り付ける。

また、メッセージは打ち上げ前にアナウンスされるので来場した人へのPRにもなる。

「夢花火」の種類は、7号玉(21cm)、8号玉(24cm)、10号玉(30cm)の3種類。

7号玉は打ちあがった花火の大きさは直径170m、価格は25,000円。

8号玉は直径200m、47,000円、10号玉は直径300m、62,000円だ。

また、スターマイン(連発花火)も打ち上げることができる。

希望する場合は事務局に連絡が必要だ。

参考価格は50連発で174,000円となる。

「夢花火」のメッセージ申し込み締め切りは8月15日(水)だ。

竹原は「安芸の小京都」言われ、重要文化財「春風館」や県史跡である頼惟清旧宅などの文化財が多く、町並地区が「都市景観100選」に選定されている。

歴史は古く、室町時代から瀬戸内海の要港として栄え、江戸時代には酒造、塩田により発展した。

今でも当時の町並みを色濃く残しており、国指定伝統的建造物保存地区にも指定されている。

また、平清盛ともかかわりが深く、清盛の父、平忠盛が海賊を退治したのがこのあたりの海だと言われ、忠海という地名で今に伝わる。

さらに平清盛が娘徳子の安産を祈念して作ったと言われる地蔵も残っている。

アクセス 山陽自動車道河内ICから国道432号・185号経由で三原方面へ約18km JR呉線大乗駅から徒歩10分(臨時電車増発予定) 前回開催時より駐車場が縮小されているので公共の交通機関の利用が勧められている

続きを読む