「ランボルギーニ カウンタック LP400EV」 - あのスーパーカーがEVで復活!

写真拡大

電気自動車企画のレッドスターは6日、「ランボルギーニ カウンタック LP400EV」を発表した。

1970年代に爆発的な人気を誇ったスーパーカーがEVとなって蘇る。

カウンタックは1970年代のスーパーカーブームにおいて最も人気の高かったモデル。

未来的なエクステリアやガルウイングドア、300km/hに達する最高速度などが人気を集め、当時の子供たちの憧れの的になった。

もちろん自動車としての評価も高く、性能面、存在感の両方でフェラーリに対抗できる唯一のエキゾチックカーだった。

電気自動車として蘇った「ランボルギーニ カウンタックLP400EV」は、当時の車両を日本の提携工場でEV化したもの。

出力は292PSで走行距離は150km、充電時間は8時間となっている。

出力についてはユーザーの利用状況を考慮して調整するという。

レッドスターはこれまでにデロリアン、ナイト2000、フィアット500などをEVカーとして復活させ、人気を博している。

カウンタックLP400EVはこれらの「プレミアムRV」シリーズ企画の第6弾となる。

車両は注文後約2カ月で車検や登録をクリアし、公道を走れる状態で納車される。

充電設備工事も別途提携電気工事店で設置できる。

充電電圧は100Vもしくは200V。

各部品の1年間保証がつき、価格は2,870万円。

注文後製作のため、内外装などについてカスタマイズも可能だという。