今年のお盆帰省はクルマ派9割。帰省は8月11日、Uターンは8月15日がピーク?

写真拡大

ソニー損害保険は2012年7月5日〜7月10日の6日間、20代〜50代の「自家用車を所有・運転しており、今年のお盆に帰省する予定がある」男女に対し、「お盆の帰省に関する調査」をインターネットリサーチで実施した。

有効回答数は1,000。

まず、今年のお盆の帰省で利用する予定の交通手段を複数回答で聞いたところ、「自家用車」88.6%、「鉄道」7.0%、「飛行機」2.9%で、今年は「自家用車」を利用して帰省する予定を立てている人が9割弱という結果になった。

帰省予定日のトップは「8月11日(土)」(22.7%)、続いて「8月12日(日)」(18.8%)、「8月13日(月)」(18.4%)という結果に。

Uターン予定日は「8月15日(水)」(20.7%)、次いで「8月14日(火)」(14.0%)、「8月12日(日)」(12.3%)、「8月13日(月) (12.1%)」という結果になった。

続いて、今年の帰省で自家用車を利用する予定の人を対象に、どのくらいの渋滞で高速道路の走行を諦めるかを聞いたところ、「10〜20km未満」が26.1%、「20〜30km未満」が24.0%となり、平均距離は27.1kmとなった。

高速道路の走行を諦める渋滞の平均距離を性年代別に比較すると、男性は若い年代の方が渋滞に対して辛抱強いようで、20代男性では平均32.8km、対して50代男性は25.6kmとなった。

また、全年代・性別で30代女性は早めに一般道に回避する傾向にあるようで、平均23.2kmという結果になった。

また、帰省で「自家用車」を利用する予定の人に、“眠気覚まし音楽”として最も聴きたいアーティストを自由回答で聞いたところ、1位は「B’Z」(5.2%)、僅差の2位で「嵐」(5.0%)、3位「サザンオールスターズ」(4.4%)という結果になった。

「B’Z」は昨年まで3年連続2位だったが1位に。

一方、3年連続1位だった「サザンオールスターズ」は3位となった。

今年のお盆に東名区間の高速を利用する人に対し、東名と新東名のどちらを利用する予定か聞いたところ、「東名を利用」は44.8%、「新東名を利用」は34.5%という結果になった。

また、「東名・新東名ともに利用」は20.7%となり、あわせて5割半(55.2%)の方は新しくできた新東名高速の利用意向を持っていることが明らかとなった。