日本競泳陣メダルラッシュ! 躍進の秘密は「睡眠」にあり!?  - 味の素

写真拡大

味の素は日本オリンピック委員会(JOC)とともに、3月12日・13日の2日間、味の素ナショナルトレーニングセンターを利用するアスリート110人(男性86名、女性23名、無回答1名、平均年齢23歳)を対象に、「睡眠」に関するアンケートを実施。

アスリートの体調管理に睡眠は重要な要素であることが明らかとなった。

まず、体調管理における各項目について、「とても重要」「重要」「それほど重要ではない」のどれに当てはまるか尋ねたところ、「とても重要」 の回答率が最も高かったのは「しっかり眠る」(84.5%)で、アスリートが体調管理において睡眠を重視していることが分かった。

しっかり眠れない場合、練習・トレーニングや試合にどのような支障が生じるかについて尋ねたところ、「集中力が続かない」(73.8%)、「やる気がでない」(62.3%)、「パフォーマンスが落ちる」(60.7%)という結果になった。

また「睡眠に関する一般意識調査(2010年)」によると、東京のビジネスパーソンの平均睡眠時間は5時間59分であるのに対し、アスリートの平均睡眠時間は8時間4分(平均夜間睡眠時間と昼寝時間)だった。

アスリートが積極的に睡眠をとっていることが分かる。

2012年夏季ロンドンオリンピックにおいて、競泳日本代表チームが多くのメダルを獲得した。

各企業が競泳日本代表チームに対し、睡眠に関する公式グッズが提供されている中、同社も休息サプリメント「グリナ」を提供。

同商品は休息をしっかりとサポートするアミノ酸「グリシン」を3,000?配合しており、アスリートたちの質のよい睡眠のために裏から支えているという。