”配当利回り”が魅力、豪株式に投資する新ファンド『ピンクダイヤモンド』

写真拡大

日興アセットマネジメント(以下、「日興アセット」)はこのほど、オーストラリアの株式を主要投資対象とする、追加型投信『オーストラリア・インカム株式ファンド(毎月分配型)<愛称:「ピンクダイヤモンド」>』を8月20日に設定、運用を開始する予定であると発表した。

日興アセットによると、オーストラリア株式は、配当利回りが主要先進国と比較して高い水準にあり、「値上がり期待だけでなく利回り面からも魅力的と考えられる」(同社)。

同ファンドでは、インカム収益と値上がり益などを原資として、毎決算時に安定した収益分配を継続的に行なうことをめざす。

(※ グラフ・データは過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではない)「オーストラリア・インカム株式ファンド」の運用は、シドニー(オーストラリア)を拠点とし、2011年3月に日興アセットマネジメントグループの一員となった、ティンダル・インベストメント・マネジメント・リミテッド(以下、ティンダル)が担当する。

ティンダルは、オーストラリアで25年近い運用実績を持ち、「数々の賞を受賞しているオーストラリア株式運用のスペシャリスト」(日興アセット)。

現地に根を張る運用会社ならではの調査力を活かし、株式市場のなかでも投資価値が高いと判断される企業を発掘したいという思いを込め、同ファンドの愛称を「ピンクダイヤモンド」とした。

「ピンクダイヤモンド」はダイヤモンドの中でも希少価値が高く、オーストラリアはその主要産出国として知られている。

同ファンドは、日興アセットが2012年7月11日に設定した「RS豪ドル債券ファンド」に続く、オーストラリアを投資対象とした新ファンド。

オーストラリアは豊かな資源や力強い内需、健全な財政などを原動力とし、長期にわたりプラスの経済成長を続けており、「投資対象としての魅力を高めている」(日興アセット)。

そのオーストラリアに拠点をもつ同社は、「現地の運用力を最大活用し、オーストラリアの収益機会を日本の投資家に還元できる商品の開発ならびに運用に努めていく」としている。