Visaプリペイド『Vプリカ』が”国内初”、コンビニのマルチメディア端末で販売

写真拡大

ライフカードは6日、全国のコンビニエンスストア設置のマルチメディア端末にて、Visaプリペイド『Vプリカ』の販売を開始した。

「Vプリカ」は、同社とビザ・ワールドワイド・ジャパンが共同開発した国際ブランド付き使い切り型プリペイド。

VISA認証サービス(3-Dセキュア)に対応していながら、発行時の本人確認・審査が不要で、24時間365日いつでも購入できるのが特徴だ。

従来は、「Vプリカ」Webサイトのみで販売していたが、今回、ファミリーマート、ローソン、セブン-イレブン、サークルK・サンクスに設置のマルチメディア端末での販売を開始。

コンビニで購入後、Vプリカサイトで発行コードを入力するだけでVプリカ番号が発行される。

取扱金種は3,000円、5,000円、1万円の3種類(別途手数料として各200円必要)で、18歳以上なら誰でも購入可能。

Visaカードが使える世界中のWebサイトで利用できるが、月額利用料金など一部利用できないサイト(加盟店)がある。

有効期限は1年。

なお、購入後3カ月間利用がない場合は125円の維持費が発生する。

また、券面額を使い切ると、Vプリカ番号は利用不可となる。

カード番号などの情報は、会員専用ページ(Myページ)で閲覧可能なほか、カードホルダ名は、ニックネームでの登録が行える。

このほかの特徴として、カードの利用停止を設定できる「セキュリティロック」機能や、利用の都度、利用確認メールを配信する機能を備えている。