なでしこジャパンは6日、ロンドン・オリンピック準決勝でフランスと対戦し、2−1で勝利を収めた。この結果、日本は史上初めてとなるメダルの獲得が確定。次戦は金メダルを目指して決勝戦を戦う。

 FKから2得点を生み出した主将の宮間あやは試合後のインタビューで以下のように語った。

「彼女たちが一生懸命やってきた結果だと思う。感無量。狙い通りの戦いにはなったが、フランスは強かった。結果としてファイナルまでたどり着きました、本当に選手は日頃から一生懸命やっている。その思いがかなったのではないかと思う」

「(決勝でも)目の前のボールに立ち向かって、相手と戦って、自分たちのサッカーができれば結果がついてくるかもしれません。皆さんの応援が選手に伝わったと思う。精一杯頑張ってチームワークで勝ち取ろうと思います」


■関連記事
丸山「メダルが懸かった『ここぞ』という試合で決めなければいけない」/南アフリカ戦
大儀見優季「フリーランが多くなって疲れてしまった」/スウェーデン戦
佐々木監督「スタートから引き分け狙いではなかったが……」/南アフリカ戦