実力デザイナー陣が手がけた″勝負服″ MIZUNOオリンピック日本選手団公式ウェアが好評

写真拡大

 ロンドンオリンピックで日本選手団が着用している紺色の公式ウェアが好評だ。「日本の誇り」をコンセプトにミズノが制作し、プロデューサーに小野光治 、ディレクターに野口強 、ウォームアップスーツのデザイナーに「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」の相澤陽介 、企画として「WTAPS(ダブルタップス)」の西山徹を起用。オリンピックの開幕後、レプリカ商品やJOC公式ライセンスのTシャツの売れ行きが順調だという。 MIZUNOオリンピック日本選手団公式ウェアが好評の画像を拡大

 ミズノが制作した2012年のロンドンオリンピック日本選手団公式ウエアは、選手の凛々しい姿を際立たせる紺をメインカラーに、選手の日本代表としての誇りや、選手たちを誇りに思う人々の気持ちを表現。ミズノ独自の機能素材を使用して快適性を追求し、日の丸の白と赤がアクセントとして随所に取り入れられた。ウォームアップスーツには、高機能の吸湿素材「ドライベクター」をメインに使用。着心地が良いパイル地で、寒暖の差がある夏のロンドンの気候に対応するためシャツにはライナーを付けることができる。紫外線をカットし、脇下と背中、内股部分には通気性のあるピンドットメッシュを使用。キャップやポロシャツなども制作され、選手達は競技の前後や表彰式など様々なシーンで、この"勝負服"を着用している。 日本選手団公式ウエアのレプリカ商品は、全国のミズノ取扱店や公式オンラインストア、そしてファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」内の「MIZUNO FACTORY」で販売中。実力のあるデザイナーやプロデューサーらが手がけていることもあり、クラシックかつモダンなデザインにも注目が寄せられている。ウォームアップスーツなどのレプリカ商品は、特にオリンピックの開幕後「売り上げが一気に伸びている」(ミズノ・広報)と好調。Tシャツなどのライセンス商品は、オリンピック閉幕を前に品薄状態だという。■MIZUNO 公式オンラインショップ http://www.mizunoshop.net/