ロンドン五輪、バレーボール女子の日本(世界ランク5位)は5日、予選リーグ最終戦で開催国イギリス(同69位)と対戦。セットカウント3ー0のストレート勝ちで、通算3勝2敗。予選グループA組3位で決勝トーナメント進出となった。

 決勝トーナメント進出を決めている日本は、前戦のロシア戦とはメンバーを入れ替え、迫田さおりに代わって江畑幸子、井上香織に代わって荒木絵里香がスタメン。第1セットは序盤から5連続ポイントなどでリズムをつかむと、途中、イギリスに連続ポイントを許したが、終始リードを保って25ー19で先取した。

 第2セットは、7ー5から7連続ポイントでリードを広げると、第1セットでは打数の少なかった木村沙織、好調の江畑が躍動し、25ー14で連取。第3セットは序盤にミスが目立ち、中盤まで接戦となったが、10ー10から4連続ポイントで流れを引き寄せると、その後も着実に加点し25ー12。セットカウント3ー0のストレート勝ちで予選最終戦を飾った。

 相手は開催国。イギリスに点が入るたびに大歓声が沸く完全アウェーの中での試合だったが、格下を相手に終始リードを保つ楽な試合展開。しかし、サーブやスパイクのミスが目立ったのが気になるところ。サーブミスは7本、スパイクもコースを狙って数本ミスがあった。

 予選突破は通過点。次からが本当に厳しい戦いとなる。準々決勝からは強豪がそろうだけに、ミスはなるべく少なくしたいところだ。(編集担当:藤間涼)