【男性編】同窓会で言われたくない一言ランキング


その一言で楽しい雰囲気が一変!





学生時代の同級生たち、お世話になった恩師。そんな人たちと久しぶりに会える同窓会は、本来なら楽しい場所のはず。しかし、同窓会で友人から意外な一言が飛び出し、ショックを受けてしまった経験を持つ人も多いのでは? そこで今回は、387名のマイナビ会員の男性に、同窓会で言われたくない一言についてアンケートをしました。





Q.同窓会で言われたくない一言を教えてください(複数回答)

1位 誰だっけ? 35.8%

2位 老けたね 15.6%

3位 名前が思い出せなかったよ 9.2%

4位 太った? 7.3%

5位 どんな仕事をしているの? 6.2%







■誰だっけ?

・「こちらが覚えていて、相手が覚えていないのはショックなので」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「ちょっとむかつく。おまえこそ誰だっけと言いたい」(38歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「印象がうすかったんだと落ち込む」(28歳/ソフトウェア/技術職)





■老けたね

・「皆、老けているだろうけど、変わっていないと言ってほしい」(31歳/金融・証券/営業職)

・「『老けた』、『髪の毛が薄くなった』は触れないでほしいから」(27歳/マスコミ・広告/営業職)

・「老けたなどと、直球で言わないでほしい」(32歳/小売店)





■名前を思い出せなかったよ

・「仲がよかった子に言われると、次回から参加しなくなりそうだから」(24歳/機械・精密機器/技術職)

・「本当は覚えてないときの言い訳に聞こえるから。知らない同級生にはよく使う言葉」(25歳/アパレル・繊維/技術職)

・「もともと覚えてないじゃんと思う」(34歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)





■太った?

・「これ正直きついっす。たしかに太ったけど言わなくてもいいのに」(32歳/その他)

・「体形の変化はショック」(40歳/建設・土木/営業職)

・「一番指摘されたくない事実だから」(25歳/学校・教育関連/専門職)





■どんな仕事をしているの?

・「仕事内容まで聞かれるのはちょっと」(42歳/電機/技術職)

・「プライベートで仕事の話をしたくないので」(24歳/学校・教育関連/専門職)

・「誇れる仕事についていないから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)





■番外編:いまさら言われても……

・実は昔好きだったんだけど「結婚した人に言われても、うれしくない」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・来ないと思ってた「来ない方が良かったのかと感じるから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・昔貸したもの(またはお金)、まだ返してもらってないんだけど?「いまさら感満載なので」(27歳/情報・IT/技術職)





総評

1位に輝いたのは「誰だっけ?」でした。自分は相手のことを友達だと思っているのに、相手に覚えられていないというのは悲しいものです。たしかに、そう思うこともありますが……。そんなときは口に出さないのが大人のマナーかもしれません。





2位に選ばれたのは「老けたね」。これは、同窓会で比較的よく耳にするセリフですね。同い年なのですから、老けたのはお互いさま。3位にランクインしたのは、「名前を思い出せなかったよ」。久しぶりに会うと、名前が出てこないこともありますよね。





そして、4位は「太った?」。これは本人が一番自覚していますから、指摘されるとショックです。5位の「どんな仕事をしているの?」は、現在の仕事に満足していない人にとって、非常に答えにくい質問のようです。プライベートな時間に、仕事の話をしたくないという声も。





恋愛や結婚に関する一言も多く見受けられました。昔好きだったことを打ち明けられるのは、うれしい反面、「じゃあ、いまは?」と言いたくなってしまう男性も多い様子。特に、既婚女性から打ち明けられると面白くないようです。お互いの環境が大きく変化していることに配慮して、相手を傷つけるような一言は、できるだけ避けるようにしたいものですね。

(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)





調査時期:2012年6月14日〜2012年6月17日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性387名

調査方法:インターネットログイン式アンケート