鍼灸師が教える。夏バテ解消に効くツボ・ベスト4




だるい、疲れる、食欲がない。気温が高くなると毎年のように襲ってくる夏バテの症状。そこで、鍼灸師(しんきゅうし)で太子橋鍼灸整骨院院長の丸尾啓輔(まるお・けいすけ)先生に、その対策のためのツボを聞きました。



■ラップの芯で足の甲を刺激する



「夏バテでの症状を、脱力感、疲労感、食欲減退の3つのポイントで考えて、自分で指圧できるツボをご紹介します」と丸尾先生。早速、教えていただきました。



1 解渓(かいけい) ― けだるさなど脱力感に



解は「解く、ほどく」、渓は「谷」の意味合いがあり、解渓とは、足と下肢部(かしぶ)の境目、谷間を表します。ここを指圧すると全身へのリンパ、血液の流れが促され、だるさやむくみが改善されます。足先がじーんとするようなしびれやこわばりにも効きます。



ツボの位置

足首の前、中央のへこんだくぼみ。足首をすねに向かって曲げたときにできる横じわから1〜2センチほど上。



ツボの刺激法

親指でひと押し5〜10秒の指圧を繰り返します。また、すりこぎやラップの芯で、このツボから足の甲全体をゆっくり、1〜2分ほど転がすのもお勧めです。



2 湧泉(ゆうせん) ― だるい、疲れやすいなど脱力感、疲労感に



生きるエネルギーがわくツボとして、万能の役割があると言われます。体力とスタミナをアップする効果があり、血流を整えるため、のぼせ、冷えにも効きます。

また、バテ気味のときに起こる気の落ち込みや高ぶりといった、気分を整えるツボでもあります。



ツボの位置

足の裏にあり、足の指をすぼめたときにできる「人」という字の中央部分。



ツボの刺激法

両手のひらで足をかかえ、親指でぐいぐい、ひと押し10〜30秒の指圧を繰り返します。デスクワーク中には、ゴルフボール、ラップの芯などを床に置き、足の裏で押さえながら回転させると、刺激をすることができます。



3 鳩尾(きゅうび) ― 食欲がないときに



一般的には「みぞおち」と読みますが、ツボの名称では「きゅうび」です。ツボの場所が、鳩の尾の形に似ていることからこう呼ばれています。

胸の最下部で胃の上部にあたり、疲れたときのイライラや憂うつ感、また、怒りや緊張などで食欲がなくなるとこのツボはかちかちに硬くなります。

暑さがうっとうしいことによる精神的疲労、不眠、動悸(どうき)、息切れをも改善します。



ツボの位置

左右のろっ骨の下のへりを指でなぞり、中心で合わさった部分の1〜2センチ下のへこんだ部分。



ツボの刺激法

両手の人さし指と中指を重ねるようにあて、息を細く吐きながら、みぞおちの上のほうに向けてひと押し10〜30秒の指圧を繰り返します。硬いときは指圧をしながら、自分で徐々にほぐしていきます。

このツボから胃にかけて手のひらでさするだけでも緊張がほぐれる、胃をいたわることになり、効果があります。



また、鳩尾から、自分の親指の幅1本分(約1〜2センチ)下、みぞおちのまん中あたりに、「巨闕(こけつ)」というツボがあります。

食欲不振のほか、胃炎を起こしているとき、下痢、吐き気がある、胸やけがするときにも効きます。さらに、このツボは息切れ、動悸、胸痛にも対応します。

両手の人さし指と中指を重ねるようにあて、息を吐きながらやや上のほうに向けて10〜30秒の指圧を繰り返しましょう。



ツボの効能に加え、暑さ対策には、血液やリンパ、気の巡りが大事なのだということが分かりました。バテてぐたっとなる前に、これらのツボを刺激して全身の活力をアップしましょう。



監修:丸尾啓輔氏。鍼灸(しんきゅう)師。柔道整復師。太子橋鍼灸整骨院院長。

太子橋鍼灸整骨院:大阪府守口市京阪本通1-3-10 TEL: 06-7176-6289 地下鉄谷町線・今里線太子橋今市駅から徒歩1分 http://www.taisibasi.com/



(藤井空/ユンブル)