表参道で横尾忠則のトランクショー NY MoMA出品記念

写真拡大

 表参道の「MoMA DESIGN STORE(モマ デザインストア)」で、トランクショー「横尾忠則ショップ+ポスター1970's〜」が8月24日から期間限定でスタートする。11月からニューヨーク近代美術館(MoMA)で行われる現代美術展「Tokyo 1955-1970」の開催を記念して開かれるイベントで、同展に出品する美術家の横尾忠則による限定アイテムを展開。トランクショー会期初日の8月24日には、店内で横尾忠則によるトークショーが予定されている。会期は9月19日まで。 表参道MoMAで横尾忠則のトランクショーの画像を拡大

 「横尾忠則ショップ+ポスター1970's〜」は、横尾忠則にフィーチャーしたトランクショー。横尾忠則による「Tadanori Yokoo MoMA限定デザイン手ぬぐい」(2,310円)や、シリアルナンバーとサインが入った世界限定50点の「大仏猫」(126,000円)、「髑髏絵皿セット」(26,250円)などのデザインプロダクトが登場する。会期初日に開かれるトークショー「アート&デザインナイト」は、8月11日まで専用サイトから参加応募可能となっており、抽選で100名に当選メールが配信される。 横尾忠則は1936年に兵庫県で生まれ、1970年に「MoMA」で開催された世界ポスター展で「腰巻きお仙-忘却編」が時代を代表するポスターとして選ばれ世界的な評価を得た。その後、パリやベネチア、サンパウロと世界各国のビエンナーレに招待出品。また、パリのカルティエ現代美術財団で個展を開いており国内外の美術館で多数の作品を披露している。現在、「MoMA」の永久収蔵品「MoMA Collection」として、1965年に自主制作した「TADANORI YOKOO」、1966年発表の「腰巻お仙」、1988年の「JASRAC」を収蔵。横尾忠則をはじめ、岡本太郎や赤瀬川原平など戦後の首都東京を拠点に活躍したアヴァンギャルドなアーティストの作品約300点を展示する「Tokyo 1955-1970」は、11月18日から2013年2月25日まで「MoMA」で開催される。■横尾忠則ショップ+ポスター1970's〜 開催期間:2012年8月24日(金)〜9月19日(水) ※2012年8月24日(金)19:00-20:00(トークショー/応募URL https://f.msgs.jp/webapp/form/10402_ckp_18/index.do 開催店舗:MoMAデザインストア 住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F TEL:03-5468-5801