<ライト級/5分3R>
ジョー・ローゾン(米国)
Def.3R2分44秒 by 三角絞め
ジェイミー・ヴァーナー(米国)

左から右を打ち込みヴァーナーが前に出ては、すぐに距離を取り直すという攻防が見られる。ローやミドルを蹴り込み、再び距離を取ったヴァーナーの右がローゾンのテンプルを捉える。動きが止ったローゾンは、パンチからヒザにつなげペースを取り戻す。

鼻血を流すヴァーナーが、ヒザ蹴りで距離を詰めてパンチへ。左ミドルを有効に使うヴァーナーが、左から右のコンビネーションで攻める。ローゾンは左ボディフックからワンツーを打ち込むと、ヴァーナーも左ボディフックから左フック、さらに右ストレートを放っていく。

攻めながらも時折りバランスを崩すことがあるヴァーナーだが、ラウンド終盤に右フックでダウンを奪う。腕を狙われるも、すぐに引抜いてがぶりからヒザをボディに打ち込んだヴァーナーが、激しい打撃戦が展開された初回を取った。

2R、左ローを蹴り込んだヴァーナーは、右ローを見せて右へ移動する。と、前に出てワンツーからスリーまで打ち込む。ローゾンも下がらず左を伸ばすが、ヴァーナーも右アッパーで対抗する。ローキックや足払いで下半身を攻めるヴァーナーは、左から右フックを2発打ちこみ、右エルボーへ。ヴァーナーは続いて右ストレートから組みついて、再び距離を取ると、シングルレッグに出たローゾンにギロチンを仕掛ける。

グラウンドの状態になると、首を引抜いたローゾンがバックに回り込む。立ち上がったヴァーナーにリアネイキドチョークを仕掛けるが、ここはヴァーナーが凌いで試合は再び打撃戦へ。左右のフックを打ち込んだヴァーナーは、右ボディから左ボディフックを2発、ローゾンはここでも前に出てパンチを打ち込んでテイクダウンを奪うと、バックからアッパーを思い切り打ち込んでいく。

立ち上がって胸を合わせたヴァーナーだが、前方にいなされバックマウントを再び許す。残り30秒、マウントに移行したローゾンは肩固めへ。バックに移行したローゾンが腕十字を狙うと、腕を引抜いたヴァーナーがトップを奪い返し、パウンドを落としながら2R終了を迎えた。

最終回、ヴァーナーがマウスピースを入れ忘れたとアピールし、試合が一時ストップ。再開後、距離を詰めたヴァーナーがガードの上から右エルボーを放つ。ローゾンはダブルレッグを狙うが、距離を取ったヴァーナーが直後に逆にダブルレッグからテイクダウンに成功する。ハーフガードのローゾンは、ブリッジからスタンドへ戻る。すぐさまショートのアッパーを打ち込んだヴァーナー。

ヴァーナーは右エルボーから左、さらに右とエルボーを3度打ち込み、テイクダウンへ。後方回転でトップを奪い返したローゾンだが、すぐにヴァーナーがトップを奪い返そうと足を抱える。ローゾンは自らガードを取り、三角絞めへ。右腕を伸ばされたヴァーナーは、首を動きが取れなくなりタップ。激闘と呼ぶに相応しい戦いをローゾンが、一本勝ちでモノにした。